【専門家監修】犬に唐揚げを与えても大丈夫?犬が唐揚げを食べた時の心配・対処法を紹介

犬 唐揚げ からあげ
Pocket

しっかり下味が付いた鶏肉をこれも味が付いた唐揚げ粉で包み、きれいな油で揚げられた「からあげ」は美味しいですよね。

子供から大人までみんなが大好きで、お弁当やパーティーなどでは主役となる料理です。

そんな唐揚げを食べている飼い主さんたちを、美味しそうな匂いに誘われた愛犬がうらやましそうに見ています。

可愛らしくおねだりされると、ついつい愛犬に食べさせいませんでしょうか?

でも、愛犬に与える前にちょっと待ってください。

唐揚げのカロリーは高くて塩分や油分などは飼い主さんでさえ気になりますよね。

それを愛犬に与えても良いものなのでしょうか?

ここでは唐揚げを犬に与えても本当に大丈夫なのか?

じっくり考察しながら、唐揚げにまつわる最近の情報などもご紹介していきたいと思います。

【専門家監修】若林あき子

専門家 監修
【動物関係の保有資格】

●JKC愛犬動物飼育管理士●愛玩動物救命士●JCSA動物看護士●犬のしつけインストラクター●犬の栄養管理士●ペット介護インストラクター●ドッグトレーニングアドバイザー…等

 

犬にからあげをあたえても大丈夫?

犬に唐揚げを与えることは必ずしもいけないということではありませんが、かといっておすすめすることもできません。

その一番の理由は、唐揚げにたくさん含まれてしまっている大量の揚げ油にあります。

人はもちろんですが犬も油を摂り過ぎると、カロリーを摂り過ぎることになり肥満の心配が出てきます。

また、犬がからあげを食べたことで油分を一度に大量に食べることで、胃腸炎になったり消化不良を起こすとされています。

さらに、古くて質が悪くなっている油をたくさん食べることで、吐いてしまったりや下痢を起こすこともあります。

そして最悪の場合には膵炎を起こしてしまうことがあり、そうなると命を落とす可能性もあるのです。

そのほかにも衣をまぶす前に鶏肉に付ける下味には、たくさんの塩分や中毒を起こすような成分が含まれることがあります。

それらのことから唐揚げを犬に食べさせることは問題が多いと言えるのです。

 

犬がからあげを食べるとよくないのはなぜ?

 

前の項で質の悪い油の摂り過ぎが良くないと解説しましたが、コンビニなどで売っている唐揚げには、あまり質の良くない油で揚げられているものもあります。

人の場合ならば、よほどたくさん食べなければ胸やけする程度で済みますが、犬にそのような唐揚げを与えると吐いたり下痢したりするだけでなく、膵炎などになってしまうことがあります。

とはいっても、犬に必要な栄養素として油を摂らせることも大切で、いわゆる身体に良いとされている植物性の油などがおすすめです。

家庭においてそのような油で揚げた唐揚げであれば、少量だけなら犬に食べさせても良いかもしれません。

ただしあくまで少量にとどめておくようにしてくださいね。

また、動物性の脂肪であるバターですが、実は犬にはおすすめの油なのです。

バターに含まれる乳酸菌には犬の腸の中を整える働きがあるとのことです。

ただし犬に与えことがすすめられるバターは、塩分のない無塩バターに限りますのでご注意ください。

 

塩分

人が食べる唐揚げは、揚げる前に鶏肉に下味を付けることで美味しく味わうことができますよね。

下味の調味料にはたいてい醤油が大量に使われているので、その塩分が鶏肉にたっぷりしみ込んでいます。

人の味覚でちょうど良く感じられる塩味は、犬にとってはかなりの塩分を摂ることになりますので注意が必要です。

 

小麦アレルギー

唐揚げの衣には小麦粉が使われていて、市販されている唐揚げ粉には例外なく小麦粉が主な成分となっています。

人だけでなく犬も小麦を食べることによってアレルギーを起こすことがあるのを知られているので要注意です。

なお小麦粉以外の粉を使って揚げたものであれば大丈夫とする声もありますが、油や下味の問題は同じですので気を付けましょう。

 

鶏の骨

唐揚げの中には骨付きのものがありますが、骨付きの唐揚げを骨ごと犬には食べさせてはいけないとされています。

鶏の骨は細いので、犬は喜んでバリバリとかみ砕いて食べてしまいますよね。

しかし、鶏の骨はタテに細く裂けるようになっていて、その破片が犬の食道などに刺さってしまうことがあるのです。

小さなかけらであっても食道などに刺されば、犬は吐き出そうとして繰り返し何度もえずくことがあります。

また、胃や腸などに刺さってしまった時は、病院で手術などをして取り除かなければならなくなってしまいます。

食べ残した鶏の骨を犬に与える飼い主さんは多いことでしょう。

しかし、鶏の骨は犬の身体にとって必要な食べ物ではありませんので、食べさせないようにしたいものですね。

 

もし犬がからあげを食べてしまったら?対処方法など

食卓の上にあった唐揚げを犬が食べてしまった!

もしこんなことが起こってしまったとしても、あわてて無理やり吐かせたりするとむしろ具合が悪くなることがあるので止めましょう。

犬が食べた唐揚げが少しだけでしたら、ひとまずは犬の動きなどに変わりがないか様子を見るようにしてください。

しばらく様子を見ていて、元気がなくなって吐いたり下痢をしたりするなどの症状が現れたら獣医さんに相談するようにしてください。

ただしたくさん食べてしまったような場合には、念のために病院に連れて行き獣医さんの指示を受けることをおすすめします。

それ以前にもういつもと違う症状が現れていたら直ちに犬を病院に連れていくようにしましょう。

 

まずはおさえておきたい!からあげを食べさせる注意点

少しずつしか食べさせていないから、うちの愛犬は大丈夫だと安心していてはいけません。

唐揚げはとてもカロリーが高く、犬が喜ぶからといつも食べさせていると結果として愛犬は太ってしまいます。

それと先に、鶏肉の下味に使う醤油の塩分が多いと説明をしましたが、ほかにも下味に使われるものの中には犬にとっては良くないものがあります。

その中でも特に問題なのはニンニクです。

ニンニクやネギなどに含まれる化合物の中には、犬が食べることにより赤血球を減らすものがあって、貧血を起こすものがあります。

加熱しても分解しないこの化合物は唐揚げを食べた犬の体内に摂り込まれることになります。

唐揚げの下味に香りづけするていどのニンニクの量なら心配は少ないのですが、油断は禁物です。

ニンニクを使った唐揚げは犬には食べさせないようにしましょう。

 

犬に与えてもいい「からあげ」ってあるの?

最近では、犬が食べることのできる唐揚げをよく見かけるようになりました。

鶏のささみや胸肉などが使われていて、見た目は人が食べる唐揚げによく似ています。

これらは揚げるのではなくレンジで温めて犬に与えることができるので手軽です。

家庭で唐揚げを楽しむ時に愛犬にそれを与えれば、おねだりをしなくなるかもしれませんね。

ただし、衣に小麦粉などのアレルギーを起こす可能性がある成分も入っていますので、初めて食べさせる時は気を付けるようにした方が良いでしょう。

 

犬に唐揚げを与えても大丈夫?まとめ

「からあげ」を犬に与えることは禁止ではありませんが、できれば与えない方が良いとされています。

おねだりする可愛いさに食べさせてあげたくなる気持ちはわかりますが、愛犬のためを考えるようにしたいですね。

また、犬用の唐揚げがあるとはいえ、これらは犬の健康上において必要なものではありません。

情にほだされないようにして愛犬のことを考え、唐揚げを愛犬に与えるのは避けた方が良いでしょう。

こちらの記事もチェック!犬に鶏胸肉やもも肉は大丈夫?茹で方なども紹介

 

 

ペットインフルエンサーカレンダー