犬の辞典 |犬のアスカランマラミュートは飼いやすい?お迎えするには何か必要?

犬 アラスカンマラミュート
Pocket

外見はオオカミに似ていますが、とても人懐っこい性格をしていて愛情深い犬種のアスカランマラミュート。

寒い地域が原産国の犬種なので、毛量がとても多く丸っこい外見をしています。

子犬時代の姿もとても可愛らしく、その見た目に魅了されて「飼いたいな」と思っている方も多いのではないでしょうか。

でも、あまり日本で見ることが少ない犬種なので、飼いやすいのか、お迎えするためには何か特別なものが必要なのか分からない方も多いと思います。

今回はそんな方のためにアスカランマラミュート犬の飼いやすさや、お迎えするために必要なものをご紹介していきます。

 

犬のアスカランマラミュートは飼いやすい?

犬 アラスカンマラミュート

出典元:https://dog.benesse.ne.jp

結果から言ってしまうと、アスカランマラミュート犬は大型犬の中でも比較的「飼いやすい」犬種です。

実はアスカランマラミュート犬は元々群れで生活していたこともありますし、そり犬として活躍していた過去もあります。

そのため、協調性のある愛情深い犬と言われているんですよ。

飼い主には忠実で、他の犬や家族とも仲良く生活できる適応力も持ち合わせているとも言われていることから、飼いやすいと言われるのも納得ですね。

アスカランマラミュート犬の凜々しい見た目と違った温厚な性格の根源となる歴史や、基本的な性格、子犬時代からの成長スピードについても紹介しておきましょう。

 

アスカランマラミュート犬の歴史

アスカランマラミュート犬は、寒さが厳しいアラスカ西部が原産国と言われています。

その地方で主にそり犬として活躍をしており、その他ではアザラシやホッキョクグマの狩猟でも活躍していた犬種です。

見た目の凜々しさと違って温厚な性格のアスカランマラミュート犬ですが、勇ましく狩猟もこなしていたなんて格好良いですよね。

 

基本的な性格

先に紹介している通り、アスカランマラミュート犬は協調性のある愛情深い性格を持っています。

それは群れで生活をしていた歴史が関係していて、群れで協力しながらそりを引いたり狩猟をしていたからです。

また、独立心も強いとも言われているので、家族に迎えたらきっと頼りになる番犬となってくれるに違いありません。

もちろんアスカランマラミュート犬がすべてそういう性格というわけではありません。

育った環境によって性格も異なってきますので、しっかりとしつけは行いたいですね。

 

子犬から成犬への成長スピード

アスカランマラミュート犬は大型犬ですから、子犬時代からの成長スピードも気になりますよね。

生まれた頃の大きさは、通常の大型犬と同じくらいで400~500gくらいで生まれてきますが、その後は18ヶ月程かけて成犬の大きさになっていきます。

意外とゆっくりなスピードなのが特徴的ですね。

成犬になると、男の子と女の子で大きさが少しずつ変わってきますよ。

男の子

  • 体高:63cm前後
  • 体重:38kg前後

女の子

  • 体高:58cm前後
  • 体重:34kg前後

成犬サイズになると、もう抱きかかえることも難しくなる大きさになりますね。

18ヶ月程かけて成犬になるということで意外と成長スピードはゆっくりですが、可愛らしい子犬時代からの成長を写真に残すことをお忘れなく!

 

アスカランマラミュート犬をお迎えするには何か必要?

犬 アラスカンマラミュート

出典元:https://pepy.xsrv.jp/17789

他の犬種と同じく、ケージ・トイレ用品・ごはん・首輪やリードといった散歩グッズ・おもちゃ・身の回りのケア用品は欠かせません。

「アスカランマラミュート犬だから」という理由で特別な何かが必要なわけではないので、ご安心ください。

ただアスカランマラミュート犬の特性上、特に注意してあげる点もあるのでそちらをご紹介していきます。

 

小まめなお手入れ

寒さが厳しい地域で育つアスカランマラミュートの被毛は、ダブルコートで換毛期にはたくさんの毛が抜けます。

そのままにしていると皮膚の状態も悪くなっていき皮膚の病気にかかることもあるので、小まめなブラッシングやシャンプーがとても重要です。

子犬の頃のシャンプーデビューはワクチン接種後1週間を目安にしてあげてくださいね。

 

温度管理ができる環境

被毛が豊かということもあり、日本の高温多湿の環境はアスカランマラミュート犬には残念ながら合いません。

特に夏場は快適に過ごせる室温になるように環境を整えてあげることが必要です。

また、散歩の時間も早朝や日没後といった気温が下がった頃にしてあげてください。

ただ、冬場であっても油断は禁物です。

暖房を付けっぱなしにしていると部屋が暑くなりすぎて夏場と同様熱中症になることも。

アスカランマラミュート犬用の部屋を用意してあげたり、一緒の空間にいる場合はある程度温まったら暖房を切るなど、お互いが快適に過ごせるように考える必要があります。

 

散歩時間の確保

大型犬なので、もちろんその分運動量も多いアスカランマラミュート犬。

アスカランマラミュート犬に必要な散歩時間は毎日朝晩約1~2時間と言われています。

たまには毎日の散歩以外にもドッグランで思いっきり遊ばせてあげるのもおすすめですよ。

体を動かすことが好きな人には向いている犬種ですね。

しっかりとした運動量を確保してあげることで、お互い心身ともに健康に過ごせることができるしょう。

ただ、元々そり犬だったので引っ張る力がとても強い犬種です。

散歩中にリードを引っ張らないようにしっかりとしつける必要があるので、そこはしっかりと覚えておいてくださいね。

子犬の頃はいいですが、成犬になったアスカランマラミュート犬の引っ張る力に負けて怪我をしてしまったり、他の人に怪我をさせてしまってトラブルになってしまったりしないように注意しましょう。

 

まとめ

犬 アラスカンマラミュート

出典元:https://karapaia.com

日本であまり見ないアスカランマラミュート犬ですが、お迎え準備には他の犬種と違いはありません。

ただ、特性上気をつけてあげないといけない点があるので、一度お迎えする前に環境が整えられるかどうかのチェックをしましょう。

見た目は凜々しく格好良いのに、温厚で社交的で飼いやすいと言われている魅力たっぷりのアスカランマラミュート犬。

お互いが素晴らしいパートナーとなるように、子犬時代からしっかりしつけをしながらたくさんの愛情を注いであげてくださいね。

こちらの記事もCheck! 犬の辞典 | マラミュート犬ってどんな犬?アスカランマラミュートの飼い方のポイント4つ

 

ペットインフルエンサーカレンダー