犬の辞典|犬のヨークシャテリアのミックス犬ってどんな犬?人気の組み合わせ

犬 ヨークシャテリア ミックス犬
Pocket

世界中で愛されているヨークシャテリアのミックス犬が大人気

色々な組み合わせを見かけるようになりましたよね。

相手によって色々な個性が出るミックス犬。

同胎の兄妹でも違いがあってそれぞれ魅力的です。

今回はそんなヨークシャテリアと色々な犬の組み合わせのミックス犬のご紹介。

 

ヨークシャテリアの特徴と性格

まずは親となるヨークシャテリアのご紹介

人気犬種なので一度は見たことがあるのでは?

どんな見た目?

イギリス原産の小型の愛玩犬、ヨーキーと呼ばれる事もあり日本でも人気の犬種。

抜け毛の少ないシングルコートの長毛種で、幼い頃の黒みが強い色が成長とともにシルバーやゴールドのような輝く艶のある色に変化します。

歩く宝石と呼ばれるくらい優雅だよ!

どんな性格?飼い方は?

賢く、勇敢で活発です。

また、小さくてもテリア 頑固な一面もあるのでしつけではちょっと手こずる場面があるかも。

小型犬なので室内飼育が基本。

毛の手入れを怠るともつれたり擦り切れたり、また皮膚炎の原因になったりするので、こまめなお手入れが必要。

また、仔犬の頃から節度をもった接し方をしないと 小さな暴君になってしまします。

あまやかさず 良い行動をしたら褒めてあげましょう。

芸を教えたりするとコミュニケーションもとれますし、覚えた時の達成感は犬にも人にもいい効果があるのでお勧めです。

 

なぜ、ミックス犬?メリットはあるの?

純血種は可愛くて、完成されているのにわざわざミックスすることに意味あるの?

そんな疑問を持つ人もいるでしょう。

見た目の多様性が出来る以外にも、ミックス犬のメリットってあるんです。

それは遺伝性疾患の発生頻度を抑える事が出来るということ。

昔むかし、学校で習ったメンデルの法則をちょっとがんばって思い出してみてください。

犬の繁殖も、大きく言えばその法則で行われていて、近交系数を気にしながら似たような形質の犬をかけあわせて、品種の固定化をしています。

ざっくりいえば遺伝性疾患といわれる病気はその品種を固定する過程でその犬種に多く出るようになった経緯があり、ミックス犬として、他の犬種を掛け合わせる事でその発生頻度は下がる、と言うこと。

可愛さの多様性以外にも、健康状態の向上も期待できるメリットもあるってことなんだね。

親によって違うミックス犬

ダックス×ヨークシャテリア ダッキー

小型犬の中でも安定の人気を誇るミニチュアダックスフントとのミックス犬。

胴長短足の垂れ耳の外見の特徴がとてもユニークな犬。

このボディにも理由があって穴を掘って穴の中の獲物を追い出したり捕まえたりするれっきとした猟犬として、産出されました。

猟犬だけあって、性格は勇敢で、積極的。

体格差があるので、ミニチュアダックスの中でも小さなカニヘンと掛け合わせていることが多いようです。

チワワ×ヨークシャテリア ヨーチー ヨーチワ

小型犬の中でも最小ともいえるチワワとの組み合わせ。

チワワも知名度抜群の犬種で、性格は、勇敢で賢く、やや警戒心が強いようです。

おでこがせり出した特徴的な外見をしています。

毛色も毛の長さも種類が多いのでヨークシャテリアとのミックス犬も個性豊かな仔犬が。

トイプー×ヨークシャテリア プーキー ヨープー

チワワと並んで人気犬種なのがトイプードル。

色々な流行りのカットがあり、スタイルで違う犬の様になることもあります。

抜け毛が落ちないことからアレルギーフレンドリーな犬種です。

長毛のヨーキーとのミックス犬の毛質はどうなるのか?色々な毛質になりますので、その子に合わせてキチンと手入れが必要になります。

ポメラニアン×ヨークシャテリア ポメキー

10歳を超えたポメラニアンでも仔犬に見られることが多々あるとのこと。

かわいらしい童顔同士の組み合わせのミックス犬はとても人気です。

ポメラニアンはとても知性的でフレンドリー、優しい性格。

依存心が強めに出る傾向があります。

マルチーズ×ヨークシャテリア マルヨーキー

古くからの人気犬種のマルチーズとの組み合わせ。

マルヨーキー、マルーキーと呼ばれてかわいがる人が増えています。

マルチーズは何事にもほどほどの性質だと言われており、しつけもしやすい犬種です。

真白な毛色の犬ですが、トークシャテリアとのミックス犬はとても濃淡様々な毛色が表れているよう。

>>詳しく読みたい方はコチラ!マルヨーキーについて

 

犬のヨークシャテリアのミックス犬の飼い方まとめ

犬のヨークシャテリアのミックス犬のご紹介をさせていただきました。

相手によって純血種とは違う魅力の個性的な仔犬が生まれてきます。

兄妹のなかでも個性がひかりそうですね。

それぞれの親の資質を受け継ぐ可能性があるので、親となる犬の性質も知っておきましょう。

また、成長に伴って見た目は少し変化することも多いです。

その犬の成長に合わせて、対処できるようにしてあげたいですね。

いずれにしても小型犬のヨークシャテリアのミックス犬ですので、成長後の大きさはある程度予測がつくもの。

室内で生活する小型犬を育てるうえでしつけは疎かにしてしまうと、とても飼いにくい犬になってしまいます。

素直で扱いやすい仔犬のうちから、しつけを行うようにしてあげてね。

>>こちらもどうぞ!チワックスのご紹介

ペットインフルエンサーカレンダー