犬の辞典|インドの犬ってどんな犬種?犬が多い理由って知ってる?

犬 インド
Pocket

みなさんの中に、インドに旅行に行ったことがある人はいるでしょうか?

インドに旅行に行くと、びっくりすることがあります。

それは、犬の多さです。

インドにはたくさんの犬がいて、人々の生活の中に溶け込むように生活しているんですよ。

インドってどんな犬がいるのかな?なんでそんなにたくさんいるんだろう?

今日はインドに多い犬種と、なぜインドには犬が多いかについてお話してみます!

 

インドにいる犬種について

インド 犬

出典元:まぐまぐ!

インドに住む犬のほとんどは、「パリア犬」という犬種だと言われています。

インドの特徴的な気候に耐えられないとの理由で、動物の保護を訴える団体の外国犬種を反対する意見もあるんだそうです。

インドの機構は3種類あり「乾季」「暑季」「雨季」に分かれています。年間を通して暑い気候が続くのが特徴です。特徴的な気候のため、暑さに弱い犬種が暮らすことは難しいんですね。

 

インドの犬!パリア犬について

 

では、パリア犬とはどんな犬種なのか見ていきます。

パリア犬はインドに多く住んでいる犬種で、原始的な姿で今も生き続けている犬種だと言われています。

FCI(国際畜犬連盟)やAKC(アメリカンケネルクラブ)には登録されていない犬種になります。

「パリア」はヒンドゥー語で「宿なき者」を意味し、犬は最下位の身分とされてきました。

しかし古代の人から大切にされてきたことによって、他犬種との交配で古代犬ならではの姿を失っていく犬種が多い中古代の姿を保っている非常に珍しい犬なんです。

パリア犬は16〜20kgのややスリムな中型犬です。

被毛は滑らかな短毛で、インドの厳しい暑さにも適応しています。

カラーはブラックやホワイト、ブラウンの個体がいます。

優れた知性とフレンドリーな性格で、人々から愛されています。

 

インドで犬があちこちで寝ている理由

 

冒頭でインドにはあちこちで犬が寝ているとお話しましたね。

インドの犬は、他国の犬と比べて本当に自由気ままに暮らしています。

インドのどこを歩いても、あちこちに犬が寝ている様子を見ることができます。

インドのパリア犬は野良犬や地域犬というイメージに近く、個人で飼育されるわけではなくその地域のコミュニティで世話をされることが多いんです。

地域犬というのは日本にはない考え方ですね!特定の飼い主や住む場所を持たず、地域の人々とともに生きているんですね。

ただ大通りの近くでは足を引きずる犬もたくさんいると言われており、道路などで生活するにあたって車に轢かれてしまうこともあるようです。

道路の近くで暮らすと危険とも隣り合わせなんですね。でも、そんなパリア犬が治療を受けられる病院もたくさんあるそうですよ。

 

インドに犬が多い理由について

インド 犬

出典元:ウィキペディア

日本では、野良犬を見ることってあまりありませんよね。

インドでこんなにもたくさんの犬が暮らしていることには、何か理由があるのでしょうか?

インドでは、宗教上の理由から余計な殺生を好まない特徴を持っています。

野良犬という概念がなく犬は当たり前の存在として、地域犬として生活しているということです。

保健所での殺処分などが行われていないことから、また地域犬として犬を受け入れる文化があるからこそ、インドにはたくさんの犬が暮らしているんです。

 

インドの犬は神の使い?!

 

インド神話には、サラマーというインドラ神に仕える使者がいます。

サラマーは犬の姿をしており、このことからインドでは犬は神の使者として大切に扱われている背景があります。

またインドではババジという幻の聖者がいて、ババジが「DOG」は反対から読むと「GOD」であるとして犬を大切にしていたという話から人々が犬を大切にするようになったとも言われています。

インドでは神話や宗教的な背景から、犬を大切にする習慣があるということですね。

 

インドの人の犬の扱いについて

犬 インド

出典元:エキサイト

先ほどもお話しましたが、インドに暮らす人々は犬を大切に扱っています。

ククル・ティハールという儀式があり、この儀式は「自分よりも下位の生き物に救いの手を差し伸べる」という意義を持っています。

ククル・ティハールでは集会所に集められたパリア犬に食事を食べさせたり体を洗ってあげたりします。

このようにパリア犬は、古くから多くの人々に大切にされてきました。

このように大切にされてきた背景から、戦争中や災害時などでも生き残ってきたパリア犬が今も存在しているということですね。

 

インドの犬は実は怖い!

 

インドにはこのように人々の生活に溶け込むように暮らすパリア犬をたくさん見ることができます。

友好的な性格のパリア犬ですが、インドに旅行などに行く前に知っておいて欲しいことがあります。

それは、パリア犬のほとんどが狂犬病を持っている可能性があるということです。

インドでは、狂犬病によって年間2万人という大勢が命を落としています。

狂犬病は、発症すると致死率の高い恐ろしい病気です。

ワクチンもありますが、噛まれてしまうと感染してしまう可能性は0ではありません。

たくさんの人の命が狂犬病で失われています。街中にいる犬を触りたくなる気持ちはわかりますが、自分の身を守るために近づかないようにしてくださいね。

 

インドの犬についてまとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はインドで暮らす犬の種類と、たくさんの犬がいる理由についてお話してみました。

人々と暮らす地域犬は日本では珍しい感覚ですし、神話や宗教上の理由が背景であれば犬が大切に扱われている理由にも頷けます。

狂犬病には最大限の注意を払いつつ、もしインドを訪れた際にはあちこちで自由に暮らすパリア犬をぜひ見てみてくださいね!

>>こちらの記事もチェック!ガンドッグってどんな犬?ガンドッグは外で遊ぶのが大好きなアウトドア派の狩猟犬

ペットインフルエンサーカレンダー