世界に存在するユニークな犬5選。あなたはいくつ知ってる?

犬 ユーモア 珍しい犬種 面白い犬

世界全体では4億匹もの頭数がいるとされる「犬」。

世界中には様々な犬種が存在するが、その品種は非公認犬種も含めると、なんと約700~800もの犬種がいるというのだから驚きだ。

犬と言えば、犬種ごとにそれぞれ特徴があり、見た目もさることながら色・大きさ・性格など実にさまざま。

今回お届けするのは、その中でもビジュアル的にユニークな犬種をいくつかご紹介しよう。

 

ニューファンドランド

犬 ユーモア 珍しい犬種 面白い犬

                       出典:ウィキペディア(Wikipedia)

ラブラドール・レトリーバーの先祖でもある「ニューファンドランド」。

その名が表す通り、カナダ東岸のニューファンドランド島を原産地とする超大型犬種だ。

利口で気が優しく、穏やかな性格の持ち主であるニューファンドランドは、日本では「ニューファン」、英語では 「Newfy(ニューフィー)」 としての愛称がある。

がっしりとした体型にも関わらず、意外と目は小さく、くぼんでいるのが特徴。表情も豊かで、なんとも愛嬌がある犬種だ。

犬 ユーモア 珍しい犬種 面白い犬

                  出典:ウィキペディア(Wikipedia)

一見、のんびり屋にも思えてしまうが、意外にも作業犬・海難救助犬として活躍していた実績を持っている。現在ではペットとして飼われることが多いが、カナダなどでは現在も水難救助犬として活躍しているほど。

助けに来てくれたら抱き着きたくなってしまう、そんな頼りになる犬種だ。

 

 

コモンドール

犬 ユーモア 珍しい犬種 面白い犬

                         出典:ウィキペディア(Wikipedia)

主に、羊を狼や泥棒から守る護畜犬として使われていたコモンドール。

コモンドールという名を得たのは1544年とされ、それ以前から存在していたとされているが、生い立ちについてはよく分かっていない。

犬 ユーモア 珍しい犬種 面白い犬                  出典:ウィキペディア(Wikipedia)

パっと見た感じ、縄のような長いむく毛がなんともユニークな犬種だが、じつはモジャモジャした被毛は大事な役割を持っている。

なんと、上毛は荒く硬めのオーバーコート、中毛は油分の多い水をはじくミドルコート、下毛は細くやわらかい肌毛という三重構造で成り立っており、寒さや雨風にも強く、外敵などと戦う際に牙が体まで入らないようにする鎧のような役割も持っているのだ。

さすがは護畜犬に使われるだけあって、とても理にかなった体型だと言えるだろう。

とはいえ、やはりお手入れは非常に大変。シャンプーは、ショーやペット用の犬は月に1回、数人がかりで縄状のコートを1本1本ほぐれないように丁寧に洗い、タオルで拭く際も1本1本丁寧に拭くのだとか。

ちなみに、コモンドールの仔犬の頃は、テディベアカットを施したプードルのような容姿をしている。

 

プーリー

犬 ユーモア 珍しい犬種 面白い犬

                         出典:ウィキペディア(Wikipedia)

コモンドールをさらに小型化したようなプーリーは、ハンガリー原産の犬種だ。

見た目の割に…といったら失礼かもしれないが、こう見えて家畜を守るための犬として作出された牧畜犬の一種。身軽で素早く、急な方向転換も難なくこなし、競技大会のための訓練もこなす能力を持っている。

プーリーは知的で、飼い主にはとても忠実な犬種。牧畜犬としてはもちろん、家畜を外敵から守る護畜犬としても優秀で、見知らぬ他人の警戒を怠らないといった面も持っている。番犬としても優れており、飼い主とそのテリトリーへの守護意識も非常に強い。

犬 ユーモア 珍しい犬種 面白い犬

                        出典:ウィキペディア(Wikipedia)

じつは、プーリーもそうだが、コモンドールもハンガリー出身。どうりで両者とも見た目がそっくりかと思ったが、古くはコモンドールと共に家畜の群れの面倒を見ることがあったという。狼や熊が家畜を襲うようなことがあるとプーリーが周囲に警告し、それを受けたコモンドールが外敵を撃退していた。

こうしたことから、遊牧民たちにとっては非常に頼もしい存在であったプーリー。ハンガリー遊牧民たちにとっては年収に匹敵するほどの価値がある犬でもあったようだ。

 

ファラオ・ハウンド

犬 ユーモア 珍しい犬種 面白い犬

                         出典:ウィキペディア(Wikipedia)

ファラオ・ハウンドは、エジプト原産の超古代犬種「チズム」の子孫種である。

しかし、この名前がつけられたのは1960年代と比較的最近の話。

もともとは、主にウサギを狩るために使われてきたため、「ケルタ・デル・フェネック(=ウサギ猟犬)」という名で呼ばれていた。しかし、イギリスに輸出された際に、その高貴な姿からウサギ猟犬という作業犬のような名前のままではあまり良くないのではないかと改名案が出され、ファラオ・ハウンドという名が与えられたという。

この「ファラオ」というのは、そのままの通りツタンカーメンのこと。先祖がエジプトからもたらされてきたということと、高貴な印象から考案された名前だったのだ。

犬 ユーモア 珍しい犬種 面白い犬

                         出典:ウィキペディア(Wikipedia)

さまざまな犬種の先祖でもある「チズム」の血を強く引くファラオ・ハウンドは、アヌビス神によく似た凛とした顔つき、琥珀色の瞳の小さな目を持っている。

性格は見た目とは異なり、初対面の人や犬に対しては警戒心を持つが、自分や家族に危害を与えないと判断すると仲良く接してくる。人懐こく、温和で従順な性格なのだ。

 

 

セントラル・エイジアン・シェパード・ドッグ

犬 ユーモア 珍しい犬種 面白い犬

                         出典:ウィキペディア(Wikipedia)

日本では数年に一度、国内登録が行われるかどうかと言われる珍しい犬種。

セントラル・エイジアン・シェパード・ドッグは、とても古い古代犬種で、約6000年前には既に存在していたと言われている。

この犬種の性格とパワーは見た感じそのもの。もっぱら羊や山羊などの家畜を守るガードドックとして使われていて、その力の強さと警戒心の固さはトップクラス。この犬種の訓練やしつけが出来たものは一人前として認められ、「男の中の男」とまで言われ讃えられたという。

体高は60~78cm、体重40~79㎏の大型犬で、性格は攻撃的で防衛本能・独立心が強い。中には女性の訓練師もいたという記録も残されているが、一般家庭での飼育は非常に難しい犬種だ。

 

さいごに

犬 ユーモア 珍しい犬種 面白い犬

現在、一般社団法人ジャパンケネルクラブ(JKC:畜犬団体)によると、国際畜犬連盟(FCI)が公認する331種を公認し、そのうち176犬種を登録して犬種標準(スタンダード)と定めている。

冒頭でもお伝えした通り、非公認犬種も含めると約700~800もの犬種が存在しており、ここで紹介した以外にもまだまだユニークな犬種は世界に存在するだろう。

実際に会える機会は少ないかもしれないが、ぜひ一度お目にかかりたいものだ。

 

こちらの記事もCheck! 犬が寝る場所を頻繁に変えるのはなぜ?眠れないの?実は○○が苦手だった!