犬にアセロラを与えても大丈夫?レモンの17倍のビタミンC!その栄養と効能

犬 アセロラ ジュース 与える
Pocket

犬 アセロラ ジュース 与えるジュースやゼリーなどでお馴染みの「アセロラ」。

アセロラを使った商品をよく見かけるが、生でアセロラを食べたことがある、という人は少ないのではないだろうか。

それもそのはず、熟した果実は傷みやすいために一般にはほとんど市販されていない。ジュースやゼリー、ジャムといった加工用ですら、生では傷みやすいので未熟果が用いられるほどである。

 

しかし、最近では「生」とまではいかなくても、冷凍物や半液体状のピューレとして入手することが可能に。ビタミンCを豊富に含んだアセロラは人間だけではなく、犬にとっても良い影響を与えてくれるだろう。

今回の記事では、そんなアセロラの栄養と与え方について紹介したい。

 

 

アセロラとは?

犬 アセロラ ジュース 与える

アセロラはキントラノオ科の植物、またはその果実の部分を指す。

西インド諸島、南アメリカ北部から中央アメリカが原産地とされている。日本においては、1958年に沖縄県に導入されて以降、同県で主に栽培されている。

鮮やかな赤色の果実は、まるでサクランボに近い見た目をしているが、バラ科サクラ属のサクランボとは類縁関係はない。

食用として用いられるのは赤い果実の部分であるが、果実の種類によっては酸味が強い「酸味種」と甘みが強い「甘味種」があるようだ。

 

ちなみに、カリブ海北東に位置するプエルトリコでは、アセロラを国外に持ち出す場合には、特別な手続きが必要になるほど重宝されている。

 

レモンの約17倍のビタミンC

犬 アセロラ ジュース 与える

アセロラに含まれるビタミンCは野菜やフルーツの中でもトップクラスの含有量を誇っている。

ビタミンCといえばレモンが有名だが、なんとアセロラはレモンの約17倍ものビタミンCを含有している。実際の数値で比較してみると以下の通りだ。

 

※いずれも100gあたりのビタミンC含有量

  • アセロラ(酸味種)・・・1700mg
  • アセロラ(甘味種)・・・800mg
  • レモン・・・100mg
  • キウイ・・・69mg

 

参考までにレモンの次にビタミンCが多いキウイフルーツも並べてみた。

こうして見てみると、いかにアセロラにはビタミンCが豊富に含まれているのかがお分かりいただけるだろう。

なお、前項でも説明した甘みが強い甘味種でも800mgのビタミンCが含まれている。酸味種に比べて半分以下とはいえ、それでもレモンの8倍も含まれているのだから驚きだ。

 

 

アセロラの栄養と効能

犬 アセロラ ジュース 与えるアセロラで特筆すべき点はビタミンCが豊富に含まれているところだが、他にはどんな栄養があるのだろうか。

ここでは、アセロラに含まれている栄養や効能について説明したい。

 

 

ビタミンC

犬は体内でビタミンCを合成できるが、だからといって摂取しなくてもいいという訳ではない。年齢と共にその能力は低下するので長期的に摂取したい栄養素の一つなのだ。

ビタミンCの主な働きとして、活性酸素を無毒化する「抗酸化作用」が挙げられ、免疫力の向上、コラーゲンの生成を促すなど、身体の調子を整えるには欠かすことのできない栄養素なのである。

 

 

βカロテン

βカロテンには抗酸化作用があり、ガンの予防老化予防に効果的と言われている。

しかも、βカロテンは必要な量だけ体内でビタミンAに変換するという優れもの。ビタミンAは、視力を維持するには欠かすことのできない栄養素の一つでもある。

 

 

葉酸

葉酸といえば、妊娠初期に必要となる栄養素としても知られているが、その理由は細胞の生成に必要な栄養素だからである。葉酸は他にも血液を作る働きも持っており、アセロラには豊富に含まれているのも特徴だ。

犬は腸内細菌によって多少の葉酸が作られるというが、犬の1日の必要量を満たしているかまでは明らかになっていない。

普段口にするものから積極的に摂ることは決して容易ではないため、不足しないよう補ってあげたい。

 

 

アセロラの加工品は与えることができる?

犬 アセロラ ジュース 与えるアセロラと言うと、まず思い浮かべるのはジュースといった加工品ではないだろうか。

これらは、砂糖や香料、着色料などを加えて作っている。つまり、自然の原材料だけではなく、人間が飲みやすいように味を整えられて作られている、というわけだ。

また、日本の関連飲料などはかなり希釈されているため、アセロラ自体の味はあまりしない。栄養面でも、生のアセロラよりビタミンCなどの含有量は少なくなってしまう。

アセロラ本来のパワーを期待するなら、冷凍またはピューレタイプのものをチョイスしよう。

 

 

アセロラはどこで手に入る?

残念なことに、アセロラは収穫してから3日ほどで傷んでしまうため、生で流通することが少ない。

もし、生に近い新鮮なアセロラを狙うのであれば、アセロラの旬である5月~8月にネット通販で購入するのがオススメ。産地である沖縄の農園では産地直送を行っている農家さんもいるので、気になる人は取り寄せてみるのも良い。

 

また、旬以外の時期ではピューレタイプがオススメ。こちらは、1年を通して販売されているので手軽に入手することができる。

 

↓こちらは完熟した果実をそのまま冷凍にしたもの。熟しているので皮ごと食べれるが、犬に与える際は皮をむいてから与えよう。

冷凍アセロラ果実 500g×1P アセローラフレッシュ ビタミンC含有量レモンの約34倍 沖縄・本部町産アセロラ 完熟したアセロラ果実を冷凍に そのままでもお菓子作りにも

新品価格
¥3,630から
(2019/3/27 14:35時点)

 

↓ついでに冷凍したピューレも紹介しよう。

アセロラピューレは外国産もあるが、信頼で選ぶなら国産ものがオススメだ。

アセローラピューレ 100g×5P アセローラフレッシュ 無添加 沖縄・本部町産アセロラ使用 完熟したアセロラをペーストに 果実本来の風味がいきたペースト 料理やお菓子作りの材料にどうぞ

新品価格
¥3,888から
(2019/3/27 14:39時点)

さいごに

犬 アセロラ ジュース 与える

ビタミンCの代表格といえば、「レモン」というイメージが今まで強かったが、実はアセロラの方が豊富なのが分かった。

愛犬にも少しお裾分けして、免疫力向上に一役買ってもらおう。

 

 

こちらの記事もCheck! 犬の虫除けスプレーにはこれが一番!神秘の薬木「ニーム」の成分に注目