犬にメープルシロップを与えても大丈夫?ハチミツと何が違う?与えるならどちらが良いのか調べてみた

犬 メープルシロップ 与える 大丈夫 おやつ はちみつ 

ホットケーキやトースト、ワッフルなどにかけて美味しいメープルシロップ。

朝食や3時のおやつにと、幼いころから定番である甘味料のひとつだ。しかし、似たような甘味料に「ハチミツ」というものがある。

この2つは何となく違うのは分かっていても、実際にどう違うの?と聞かれるとなかなか難しいものはある。メープルシロップやハチミツは、犬に与えても大丈夫だと聞くのだが違いはあるのだろうか。

そこで今回は、両者の異なる点と与えるならどちらが適しているのか調べてみた。

 

 

メープルシロップとハチミツの違い

まずは、メープルシロップとハチミツ、この2つがどのように違うのか説明しよう。

 

それぞれの特徴

メープルシロップ

犬 メープルシロップ 与える 大丈夫 おやつ はちみつ 

メープルシロップは「サトウカエデ」などの樹液を採取して作った100%天然の甘味料だ。

 

製法としては、樹齢30~40年ほどのカエデの樹木へ小穴をあけ、蛇口のような採取口を取り付けると樹液が出てくる。これを「メープルウォーター」と呼ぶのだが、採取されたばかりの糖度は約3%ほど。

これを糖度が約66%になるまで時間をかけて煮詰めていく。採取されたばかりは透明の液体だが、煮詰めることにより色のついたメープルシロップに変化するという。

 

流通している多くはカナダ産で、カナダのメープルシロップ輸出量は世界1位となっている。そんな、カナダでは煮詰める前のメープルウオーターも販売されていて、人気があるようだ。

 

 

ハチミツ

犬 メープルシロップ 与える 大丈夫 おやつ はちみつ 

一方のハチミツといえば、ミツバチが花の蜜を集めたもの。ミツバチが花の蜜を体内で変化させ、巣の中で蒸発させ濃縮したものがハチミツである。

ハチミツといっても、どんな花から集めたかによって種類が分けられ、味や風味も変わってくる。

代表的な種類といえば、アカシア・レンゲ・クローバー・マヌカなどが挙げられる。他にも、そば・オレンジ・レモン・ミント・ラベンダー・ローズマリーなど、その種類は豊富だ。

 

 

カロリーはどう違う?

犬 メープルシロップ 与える 大丈夫 おやつ はちみつ 

せっかくだから、メープルシロップとハチミツのカロリーも比較してみよう。

 

※いずれも100gあたりの数値

  • メープルシロップ・・・260kcal
  • ハチミツ・・・294kcal

 

見た目も似ており、使う用途も同じような2つの甘味料だが、ハチミツの方がややカロリーは高いようだ。

ただ、ハチミツの方が高いといっても、それは2種類を比較した場合での話。メープルシロップでも、大さじ1杯(21g)に換算すると約54kcalあるので、決してカロリーが低いとは言えないだろう。

 

メープルシロップの栄養素

犬 メープルシロップ 与える 大丈夫 おやつ はちみつ 

様々な種類のミネラルを含んでいる

メープルシロップには、カリウム、カルシウム、亜鉛、マグネシウムといった、実に様々な種類のミネラルを含んでいる。

基本的にミネラルは、「たんぱく質」「脂質」「炭水化物」の3大栄養素の機能をサポートしてくれる大切な成分。

犬の体調を整えるだけではなく、骨や歯など体の組織を構成する働きもあるので、犬の成長には欠かすことができない成分である。

 

 

ビタミンB1

ビタミンB1はエネルギー代謝に必要な栄養素といわれ、記憶力や認知機能を正常に保つ働きや、脈拍数や血圧が上がりすぎないように調節する。

別名、「神経系のビタミン」とも表現され、ビタミンB1の欠乏は運動失調や神経伝達に障害が発生しやすくなる。

 

 

ビタミンB2

糖質、脂質、タンパク質を分解する酵素のサポート役として働く。

別名「発育のビタミン」とも言われ、発育促進に重要な役割を果たしてくれる。ほかにも、皮膚、被毛、爪などの細胞を作るためにも必要と言われている。

 

 

ナイアシン

ビタミンB3とも呼ばれ、基本的には肉や魚に多く含まれている成分。

糖質、脂質、タンパク質の代謝に欠かせない。循環系、消化器系、神経系などの働きをサポートしてくれる。

 

 

ハチミツと比較すると?

ちなみにだが、ハチミツにもメープルシロップと同様、カリウム、カルシウム、亜鉛、マグネシウム、B1、B2、ナイアシンが含まれている。

しかし、カリウムやカルシウム、マグネシウムの含有量はメープルシロップのほうが上のようだ。

 

メープルシロップとハチミツ与えるならどっち?

犬 メープルシロップ 与える 大丈夫 おやつ はちみつ 

ハチミツの場合は、ボツリヌス菌による食中毒の懸念があるので、犬に与える際には様々な意見がある。

例えば人の場合、1歳未満の乳児にハチミツを与えることはできない。「生」ものであるハチミツにはボツリヌス菌の芽胞が入っている場合があり、乳児ボツリヌス症を引き起こす恐れがあるからだ。

犬の場合でも免疫力が弱っているときや、子犬の頃に菌が体内に入るとボツリヌス症を起こすといわれている。

 

しかし、メープルシロップの場合は煮詰める過程で殺菌されているので、こうした心配はない。

むしろハチミツよりもカロリーが低く、栄養価も高いので、2つを比べた場合はメープルシロップのほうが犬にとっては安心かもしれない。

 

ただし、いくら良いものだからといっても与え過ぎには注意を。

甘味は犬の嗜好にはピッタリなので、与えればきっと喜ぶことだろう。しかし、愛犬がメタボになってはいいことなど1つもない。運動も大変、怪我もしやすくなる、病気のリスクも高くなるなど、健康を望んで与えたことが裏目にでないよう注意したい。

 

 

メープルシロップの保管には注意を!

犬 メープルシロップ 与える 大丈夫 おやつ はちみつ 

ハチミツは、殺菌性があり腐りにくい。そのため、夏場でも常温保存が推奨されている。逆に冷蔵庫で保存すると白く固まる「結晶化」という現象が発生してしまうからだ。

結晶化しても成分などは変わらないが、トロリとした食感ではなくシャリシャリ食感になってしまう。そういった理由から常温での保存が適しているようだ。

 

しかし、メープルシロップの場合は、常温で保存するとカビが生えてしまうので注意を。

また、シロップの蒸発による結晶化を抑えるためにも、開封後は必ず冷蔵庫で保管しよう。もし、容器がガラス瓶であれば、冷凍してしまうのもアリ。

家庭用の冷凍庫ではガチガチに凍ることはなく、常温に置けば元の状態に戻る。

 

さいごに

犬 メープルシロップ 与える 大丈夫 おやつ はちみつ 

実は流通しているカナダ産のメープルシロップは、色の違いによって4つのグレードに分けられている。

光をどのくらい通すかを表す「透過率」によって、ゴールデン(デリケートテイスト)、アンバー(リッチテイスト)、ダーク(ロバストテイスト)、ベリーダーク(ストロングテイスト)の4種に分けられる。

これら純正のものを見極めるには、ボトルの原材料名に「カエデ樹液」「楓糖液」「メープルシロップ」と記載されているものが純正である証。

 

逆に、コーンシロップにメープルの風味づけをしたケーキシロップなどは、純正ではないので注意を。

 

色だけではなく味わいも異なる4つのグレード。ぜひ好みのメープルシロップを探して愛犬と一緒に楽しまれてはいかがだろうか。

 

こちらの記事もCheck! 犬に餅を食べさせても大丈夫?与えるには適さない食材?その理由