犬に牛肉を与えても大丈夫?カルビ(バラ)・ヒレ・もも肉。部位の違いと栄養

犬 牛肉 与え方 量 生 茹でる 
Pocket

犬 牛肉 与え方 量 生 茹でる 牛肉には人間だけでなく犬にとっても健康的な食材のため、愛犬の食事にも活用している飼い主さんも多いことだろう。

しかし、牛肉の部位によって含まれている栄養やカロリー・脂質量などが変わってくるのはご存知だろうか。

 

正直、脂身の多い部分は犬に与えない、与える時は必ず焼く、茹でるくらいしかわからない、そんな人も多いかもしれない。

今回は、意外と知られていない牛肉をより賢く与えるために知っておきたい基礎知識を紹介していこう。

 

 

部位ごとのカロリーや脂質

犬 牛肉 与え方 量 生 茹でる 

鶏肉の脂身の少ないササミやムネ肉と比べると、牛肉はどうしても脂身部分が強調されて、カロリーや脂質が多いのでは?と思ってしまうのではないだろうか。

ただ、牛肉といっても部位によってはカロリーや脂質が異なってくる。まずは、牛肉の部位ごとのカロリーや脂質をチェックしてみよう。

 

※100gあたりのカロリー、《 》内は脂質の順。カルビ(バラ)、ヒレ以外は「皮下脂肪なし」のカロリーを参照。

  • カルビ(バラ)・・・371kcal  《32.9g》
  • サーロイン・・・238kcal  《16.5g》
  • 肩ロース・・・237kcal  《17.1g》
  • 牛肩・・・157kcal  《7.8g》
  • 牛もも肉・・・149kcal  《6.7g》
  • 牛ヒレ肉・・・133kcal  《4.8g》

 

一般的にスーパーなどで目にする機会の多いであろう部位を並べてみた。

こうして見ると、私たちが普段「美味しい」「甘みを感じる」と思って食べている部位は、意外にもカロリーや脂質が高いことが分かる。

 

 

牛肉・豚肉・鶏肉で比較するとどうなる?

犬 牛肉 与え方 量 生 茹でる 

鶏肉はカロリーが低いという印象があるが、牛肉・豚肉・鶏肉の3種類で比較すると果たしてどれくらい差があるのだろうか。

今回は「もも肉」100gあたりのカロリーで比べてみよう。

 

  • 牛もも肉(輸入/皮下脂肪なし)・・・149kcal
  • 豚もも肉(大型/皮下脂肪なし)・・・148kcal
  • 鶏もも肉(皮なし)・・・127kcal

 

同じ部位で比較しても、やはり鶏肉のほうが低カロリーだ。しかし、鶏肉を皮付きで食べたり、牛や豚を脂身付きで与えてしまうと、これにプラスされてカロリーが高くなることは知っておかなくてはならない。

愛犬には部位だけではなく、与え方にも気を配ったほうがいいだろう。

 

「国産」と「輸入」でもカロリーは違う

犬 牛肉 与え方 量 生 茹でる 

牛肉のカロリーと言っても、和牛と呼ばれる国産の牛肉と、海外から輸入される牛肉で違ってくる。

例えば、ステーキに最適な「サーロイン」。和牛の場合100gあたり456kcal、輸入ものだと238kcalと、200kcalほどカロリーに差があるのだから驚きだ。

 

ちなみに、なぜ和牛がこのように高いかというと、日本人の味覚に合わせて意図的に脂肪が入るように育てているから。

欧米人は赤みが多めの牛肉を好み、日本人はサシ(脂肪)が入った霜降りを好んで食べる傾向があるため、このような差が生まれるのだ。

 
 

牛肉に含まれる主な成分

犬 牛肉 与え方 量 生 茹でる 

タンパク質

タンパク質は犬の身体をつくるうえで1番多く必要な栄養素である。

動物の身体のおよそ20%がタンパク質などのアミノ酸からできており、体内バランス、皮膚、毛なみ、免疫組織など、犬の健康を維持するうえで大切な成分なのだ。

 

そのうえ、動物性タンパク質は植物性タンパク質に比べ効率よく吸収されるのが特徴。ドックフードのトッピングや手作り食になどにも、ぜひ活用して摂取したい。

 

 

鉄分

みなさんは、鉄分のなかでも「ヘム鉄」「非ヘム鉄」があるのはご存知だろうか?

主に、肉や魚に多く含まれているヘム鉄と、野菜に含まれる非ヘム鉄に分けられるのだが、ヘム鉄のほうが鉄としての吸収率が高い。

鉄分は貧血予防や改善に効果的と言われている。鉄分は赤血球の中の「ヘモグロビン」を作るのに欠かせない材料である他にも、赤血球が酸素を運ぶ手助けをしてくれる大切な役割がある。

 

 

ナイアシン

ビタミンB3とも呼ばれ、基本的には肉や魚に多く含まれている成分。

糖質、脂質、タンパク質の代謝に欠かせない。循環系、消化器系、神経系などの働きをサポートしてくれる。

 

 

ビタミンB12

ビタミンB12は補酵素として、タンパク質、炭水化物、脂質などの代謝を助ける働きがある。

また、造血ビタミンの一つであるビタミンB12は、赤血球の生産には欠かせない栄養素でもあるため、老化防止、貧血防止、タンパク質合成などに効果を発揮する成分ともいわれている。

 

 

亜鉛

犬に亜鉛?と思ってしまうが、実は愛犬の健康を保つためには頼りになる存在だ。

亜鉛は、細胞の再生やストレスの軽減、免疫力の向上に効果があるといわれている。

亜鉛の不足は、フケ、鼻や肉球のカサカサの原因にもなってしまう。犬は人よりも多くの亜鉛が必要だとされているため不足しないよう摂取したい。

 

 

部位別で見ると栄養はどう違う?

このように栄養豊富な牛肉だが、部位別での違いはあるのだろうか。

 

牛肉のカルビ(バラ)に含まれる栄養は?

犬 牛肉 与え方 量 生 茹でる 

焼肉などで一番人気といったらカルビを選ぶ方も多いのではないだろうか。

カルビにはビタミンB12が豊富に含まれている。ビタミンB12には、赤血球を作る働きがあるため貧血予防に期待ができる。

他にも、DNAの合成に必要な葉酸が正常に働くためにも、ビタミンB12が必要とされている。

 

 

牛肉のヒレに含まれる栄養は?

犬 牛肉 与え方 量 生 茹でる 

最も柔らかく、脂肪やスジがほとんどない最高級部位の一つ「ヒレ肉」。

ステーキでもお馴染みのヒレは、タンパク質、鉄分、ビタミンB群が豊富。低脂肪で高タンパクの牛ヒレ肉は、犬に与えるには最も適した部位なのかもしれない。

ただ、他の部位に比べて高価なため、与えるにはお財布との相談になりそうだ。

 

 

牛肉のもも肉に含まれる栄養は?

犬 牛肉 与え方 量 生 茹でる 

牛もも肉に含まれるビタミンB群は、ほかのどの部位に比べても豊富に含んでいるのが特徴。

ビタミンB群は基本的には炭水化物、脂肪、タンパク質の代謝に必要な成分である。つまり、人や犬にとっても生きるためのエネルギーを作るには欠かせない栄養素でもあるのだ。

 

また、牛ヒレ肉よりも脂身が少ないため、脂をさらに控えたい飼い主さんは、もも肉をおすすめしたい。

 

牛肉を与える時は「食べ合わせ」にも一工夫

犬 牛肉 与え方 量 生 茹でる 

牛肉の栄養やカロリー、脂質量が分かったところで次は「食べ合わせ」について考えてみよう。

まず、摂取カロリーを抑えるのは必須だが、それに加えて糖質の量を控えめにすることも考えたほうがいいだろう。その理由は、糖分を摂りすぎると体内に脂肪が蓄積されやすくなるからだ。

 

また、カロリーが低い部位を選んでいるから大丈夫と思っていても、他の食材で糖質量がかなり高めなものと組み合わせないよう注意したい。

例えば、かぼちゃ。100gあたりのカロリーは93kcalと低めであるが、糖質量はなんと15gある。つまり、100gあたり糖分が15gあるということだ。

 

このように、せっかく牛肉の摂取カロリーを抑えても、別な食べ物でカロリーや糖質が高いものを選んでしまったら意味がなくなってしまう。

特に手作り食を与えている飼い主さんは、この食べ合わせにも目を配るのが賢い与え方だといえるだろう。

 

さいごに

犬 牛肉 与え方 量 生 茹でる 

牛肉は栄養価が高く、愛犬の健康維持にはもってこいの食材である。

部位によって栄養やカロリー・脂質が変わってくるので、愛犬のコンディションを見て最適な部位をチョイスするといいだろう。

犬に牛肉を与えたいけどカロリーが気になる…、そんな時は、カロリー低めの部位と食べ合わせを思い出してほしい。

牛肉の良さを最大限に活かして、愛犬にも栄養豊富で美味しい牛肉を食べさせてあげよう。

 

 

こちらの記事もCheck! 犬に豆乳を与えてもいい?実は違うって知ってた?無調整豆乳と調整豆乳の違い