保護犬を引き取りたい!でも条件とかあるの?【里親の声】

保護犬 里親保護犬の里親になるということは、ちょっとやそっとの覚悟では難しいもがある。

金銭的な面、飼育環境、育てる知識など、なかでも一番考えさせられることは、保護された犬を飼うと躾(しつけ)や病気、犬の年齢など子犬を迎え入れる場合とは違うということだ。

もちろん、保護犬の中には子犬もいるが、自分の飼いたい犬種であることは少ないだろう。

 

しかし最近では、ペットショップやブリーダーから犬を購入するわけではなく、保護されている犬を家庭に迎えようと興味を持たれる方が増えている。

ペットを迎える方法の一つに「保護犬の里親」という選択肢の認知が広まってきているのだ。

とはいえ、保護されている犬を家庭に迎えるにも、その方法がわからない、実際に飼った方の体験談の話は少ないのが実情である。

 

そこで今回は、実際に保護犬の里親になられた方に、インタビュー形式で「生の声」をあれこれ聞いてみることにした。

保護犬の里親を検討されている方は是非参考にしていただきたい。それでは、早速お話を聞いていこう。

 

はじめに自己紹介から

保護犬 里親

orange kid

はじめまして。orange kidです。

まずは、簡単な自己紹介からお願いします。

クルル

はじめまして、クルルと申します。

愛犬の名前は、子供達がアニメのキャラクターから名前をとり「サダハル」と名付けました。

見た目は真っ黒です。愛護センターで引き取りました。捨てられたせいか、とても臆病な子でした。

でもそこに惹かれてこの子にしようと家族で決めました。(^o^)

orange kid

アニメキャラから命名する方は結構いますよね~。

実は私の愛犬の名前もアニメキャラクターからとっています(笑)

 

では、クルルさん、サダハル君、今日はいろいろとお話を聞かせてください。

よろしくお願いします(^▽^)/

 

まず保護犬を引き取るまでの経緯を教えてください。

保護犬 里親

orange kid

まず、「保護犬」という存在をどのように知ったか(きっかけ)を教えてください。

クルル

以前飼っていた犬が老衰で亡くなり、とても悲しんでいた時期がありました。

しばらくの間はとても犬を飼う気にはなれませんでしたが、数年たち、また犬を飼いたい思いが強くなって探しはじめました。

色々なペットショップを見て探しているうちに、あるペットショップの店員さんが「動物愛護センターをご存知ですか?そこで、犬を譲ってくれますよ。」と教えてくれたのがきっかけです。

 

orange kid

そうでしたか…。大事な愛犬を亡くされたのですね。

しばらくは辛い思いをされて当然ですよ。愛犬だって家族同然ですから。

クルル

保護犬という存在を私は知らなかったので、自分なりにいろいろと調べてみました。

すると犬を譲渡してくれるサイトはたくさんありました。ですが、私は店員さんが言っていた動物愛護センターにしようと決めました。

その理由は、引き取られなければ殺されてしまうかもしれないからです。

少しでも一匹でも命が救えたらと思い保護犬を引き取る決意をしました。動物愛護センターでは、生まれて数ヶ月の子犬も譲渡してくれます。

 

どこで引き取ったか?その時の手続きは?

保護犬 里親

orange kid

サダハル君は、どちらから引き取られたのですか?

クルル

引き取った場所は保健所です。笠間愛護センターという名前です。

 

orange kid

どういった手続きがありましたか?面談とかもあるのでしょうか?

クルル

申し込みの期間は決まっているので、その期間を愛護センターのサイトで調べて申し込みしました。

そして、「○月○日に来て下さい。」と連絡がありましたのでその日にいきます。

すると、愛護団体の方と面談がありました。

どうして犬を引き取りたいかと聞かれ、私は「家族の一員として迎えたい」と言いました。

 

そういえば、ほかに申し込みされた方で、「門番として飼いたい」と言っていた人もいましたね(^_^;)

職員さんが「犬だからと言って吠えない犬もいるんですよ。吠えなかったらその犬はどうするんですか?」と突っ込まれている人もいました。

orange kid

門番?ですか!?

一体、何を相手に門番させるんですかね(;´・ω・)

 

まぁ、それはともかく、クルルさんは審査の結果はどうでしたか?

クルル

私たちはすんなり審査を通りました。(^o^)

審査が通ると、譲渡会に参加できて好きな子を選べます。

 

引き取りの条件というか守ることがあって、避妊手術等を受けさせることが前提です。

後、保護団体の方が一回会いに来ます。

 

引き取った後はどんな生活を送ってますか?

保護犬 里親

orange kid

引き取った後はどんな生活を送っていますか?

気をつけていることなどありますか?

クルル

やはり犬ですので、病気には気をつけています。(^_^;)

狂犬病の他に6種の予防接種は毎年受けています。

 

引き取った後は元気いっぱいですよ。

うちにはビニールハウスがあるので何も入っていない時期はそこをドックランとして思いっきり走ったり、遊んだりします。(^o^)

 

さいごに:あの子が来てから、犬と暮らす楽しい日々。

保護犬 里親

orange kid

クルルさん、サダハル君、今日はありがとうございました。

さいごに、保護犬に対する思いなどありましたら聞かせてください。

クルル

サダハルが来てから家族みんなが笑顔になりました。(^▽^)/

この子に出会えて本当に良かったです。

 

保護犬だからといって特別なことはありません。

世の中の殺処分されてしまう犬が、1匹でも多く救われることを願っています。

 

こちらの記事もCheck! 大地震が起きたら犬と一緒に逃げるべき?それとも犬はお留守番?

 

 

にほんブログ村 犬ブログ プードルへ
にほんブログ村