パグってどんな犬?見た目は小さなおじさん!?その魅力に迫る

パグ

パグの歴史は古く、紀元前400年の中国には既に存在していたと言われている。

16世紀のオランダでは「ダッチマスティフ」や「ドワーフマスティフ」とも呼ばれ、日本には16世紀頃にはすでに持ち込まれていたという。

古い歴史を持つパグであるが、その名前の由来はさまざまだ。

ラテン語で「握りこぶし」を意味する「pugnus(パグナス)」や、中国語で「いびきをかいて眠る王様」を意味する「覇歌(パー・クー)」、古い英語では「優しく愛されるもの」からきているとも言われている。

今回はそんなパグにスポットをあて、どんな犬なのか紹介していこう。

 

 

パグの性格と特徴

パグ

パグの性格はとても穏やかであるのが特徴的である。

飼い主によく懐くので、どこへ行くにも後をついてくる親しみやすい犬種だ。

また、食べることが大好きで、四六時中食べ物を探している。食べ物を利用して躾け(しつけ)れば、お手やお座りなど、一通りのことは覚えやすいというメリットもある。

 

とはいえ、頑固な一面もあり、やらないと決めたことはテコでもやらない頑固者なのだ。

そんな頑固者でも、ひとたび興奮すると「パグ走り」という独特な走りで部屋の中を走り回ることがある。尻尾を下げ、まるで狂ったかのように走り回るので、最初に見ると驚く飼い主さんも多いようだ。

しかし、このパグ走り。実は抑えきれない喜びの表現だとも言われており、パグなりの嬉しさを表したものなのだ。

また、パグの最大の特徴と言えば、その鼻ぺちゃ顔だ。

鼻ぺちゃ故に鼻腔が狭いので、寝るときはいびきをかくのも可愛さの一つである。

 

パグの飼い方

 

パグは「ぶさ可愛い」という言葉がぴったりで、性格も優しいので昔から一定の人気がある。最近では芸能人でパグを飼っている人も多く、テレビCMなどにもパグが出演しているのでお茶の間でも人気の犬種だ。

 

パグの飼い方

パグパグは、性格のみを考えると、躾(しつけ)やすく、初心者でも育てやすい。

また、小型犬なので、散歩も朝夕1日30分ずつぐらいで十分なので、大型犬よりも飼いやすい。

ただ、パグは皮膚トラブルが多く、太りやすい犬種でもある。健康管理上の注意点もいくつかあるため、犬を飼育するための知識がない人にはオススメできない面もある。

また、発症頻度は高くないが、パグに多く発症例がある「パグ脳炎」にかかる可能性もあるので、しかるべきブリーダーさんから購入するのが望ましい。

 

パグのしつけは「褒めること」

パグパグは飼い主が喜ぶことが大好きな犬種でもあるため、「少し褒めすぎかな??」と思うくらいオーバーに褒めながらしつけをするのが最もよい。

また、しつけの中でも拾い食いしないようマスターさせよう。パグは食べることが大好きなので、外で拾い食いをしないようにしっかり教える必要があるのだ。

しつけの際には、頑固な性格がでてしまうとテコでもやらなくなるので、とにかく褒めることを心がけよう。

お菓子をあげながら楽しい雰囲気を作ってあげるのも一つの方法だ。

 

パグを飼う時にあると便利なものは「服」

パグパグは非常に毛が抜けやすい犬種であるため、換毛期には部屋中が毛だらけになってしまう。

そんな時にあると便利なのが犬用の服である。一見、「犬に服を着せるの?」と思ってしまう方もいるだろうが、服を着せることによって毛落ちが少なくなるのだ。

当然、慣れないうちは服を着るのを嫌がることも多いが、ぜひ褒めちぎって服を着ることに慣れさせよう。部屋が毛だらけになって食べ物や衣類につかないようにするコツである。

 

値段の相場

パグを毛色で分けると、「フォーン」「ブラック」「ホワイト」「アプリコット」などがある。

じつはこの中でもホワイトパグはとても貴重で、滅多に見かけることがない。ペットショップでの相場になるが、ホワイトパグを除いて20〜30万円程度が相場となっている。

 

パグの健康上の注意点

パグ

パグは鼻が短く、平らな顔をしている。

こういった特徴があるものを「短吻種(たんふんしゅ)」と呼ぶのだが、呼吸器系が弱く呼吸がしにくいため、暑さに弱く、寒さにも弱い。

他にも健康上の注意点としては、

  • たれ耳と、特徴的な顔のシワに汚れがたまりやすく、皮膚病になりやすい。
  • 目が大きいため、眼球表面に傷がつきやすい。目ヤニも出やすい。
  • 食欲旺盛で肥満になりやすい。
  • 寝ている時に「いびき」をかくことが多い。ひどい場合は、鼻の穴と奥に続く鼻腔と呼ばれる空間が狭くなった状態の「鼻腔狭窄症(びくうきょうさくしょう)」の可能性がある。

 

また、発症頻度は高くはないが「パグ脳炎(壊死性髄膜脳炎)」を発症する可能性もある。

原因は不明で確実な治療方法も未だ知られてはいないが、進行を遅らせることが可能であるため、日々の生活の中でフラフラしたり、歩き方がおかしいなどの症状が出たら動物病院で早めに診てもらおう。

 

さいごに

パグ一度パグを飼ったら、「もうパグ以外の犬は飼えない!」という人が多い魅力的な犬種、パグ。

近年、日本のパグオーナーの間では、8月9日を「パグの日」としてお祝いすることがちょっとしたブームになってきている。

パグの日には、ほっかむりをしたパグの写真をSNSへ投稿し、世界中のパグの健康と平和を願うのが慣例。パグとほっかむりの相性が抜群という声がパグオーナーの間で広がっているのだ。

こうした背景にはInstagramをはじめとするSNSの隆盛が、ブームを後押ししたとみられる。

健康上の注意点はたくさんあるが、ぜひ鼻ぺちゃ犬の魅力を感じてもらえたらと思う。

 

こちらの記事もCheck! 北海道犬ってどんな犬?勇敢だけど実は甘えん坊!その性格や特徴