犬はタクシーに乗れる?サイズや条件、マナーについて

タクシー

普段からタクシーを利用して犬とお出かけする人は少ないかもしれない。

しかし、緊急を要する場合はタクシーを利用せざるを得ない状況もある。

例えば、マイカーが使えない状況で動物病院へ行く場合や帰ってくる場合などだ。

歩いていけない距離だとタクシーを利用するというのは当然の判断になってくるだろう。

 

とはいえ、少し前には盲導犬がタクシーに乗車拒否されたという事例もあるようだ。

ということで、いざという時にタクシーが使えなくて困らないよう、犬とタクシーの乗り方を紹介していく。

 

 

タクシーに乗る時はどのサイズまでならいいの?

タクシーに乗れるサイズ

キャリーやクレートに入るサイズが基本となるため、小型犬から中型犬までのサイズとなる。

(※ただし、盲導犬や介助犬などは例外とされている。)

 

もし、大型犬をタクシーに乗せる場合は、ペット専用のタクシーも最近では走行しているので、そちらを利用するのが望ましい。

もちろん小型犬や中型犬も乗ることはできるが、普通のタクシー料金より高くついてしまうので、お財布との相談になってしまいそうだ。

 

ペットタクシーは一般的に、「お迎え」+「乗車料金」+「回送」で計算され、利用状況によって待機料金、深夜・早朝割増、有料道路や駐車場の実費費用なども加算される。

 

orange kid

Q:「お迎え」「回送」ってなぁに?

A:お迎えとは、ペットタクシーが営業所から「乗車地」まで迎えに行くことを言います。

回送はその逆で、「降車地(降りた場所)」から営業所まで戻ることを意味します。

つまり、通常のタクシー料金+ペットタクシーのお迎え距離と戻る距離も加算されることになります。

 

運転手さんによっては、大型犬でも服を着ている場合に乗車を許可してくれる話も聞くが、それは稀なケースであるようだ。

ほとんどの場合は、キャリーやクレートに入るサイズが最低条件となっている。大型犬の場合はあらかじめペットタクシーを利用しよう。

 

犬を乗せると運賃は変わるの?

タクシータクシーは走行メーターで走行距離を測り、それによって料金を算出しているので基本的に人数が増えても同じである。

犬の場合は、現状「手荷物」として扱われるので、料金は人間だけで乗った時と変わらない。

つまり、走った距離で料金が決まるので、一人で乗っても、犬と一緒に乗っても、料金は同じということだ。

 

気になる周囲の目線

タクシータクシーを拾おうとした時点で、犬が大騒ぎしている場合は周囲の目は厳しくなってしまうことは確かだ。

非常識と思われることは容易に想像できるため、日頃から社会性を身につかせておくのも重要である。

 

それでも、やむを得ない事情でタクシーに乗る場合、そういった周囲の目線も大変気になるが、運転手さんの表情も気になるところ。

できれば、乗車前に運転手さんにしっかり相談するようにしよう。確認のうえ乗車するようにすれば、この辺りの改善は可能である。

 

タクシーに乗る時に注意したいこと

タクシー犬とタクシーに乗る時に乗車拒否される理由のほとんどは車内が汚れるということにある。

これは粗相だけではなく、犬の毛がシートについてしまうことも挙げられる。自分が降りたら、次の乗った人も快適に利用できるようにするための最低限のマナーは必要だ。

 

ちなみに、犬が乗った後のタクシーに乗りたい人はたいへん少ないという。

そのため、キャリーやクレートに入れて足元に置く、乗車前には排泄を済ませておくなど、運転手さんが迷惑と感じない配慮がとても大切である。

 

タクシー運転手さんへの配慮も忘れずに

タクシー 犬

以前、「タクシーが汚れる」という理由で盲導犬を乗車拒否したタクシー会社が営業停止になったことがある。

それ以降、ペット連れでの乗車の条件を明確にするタクシー業者も増えて来たようだ。

 

とはいえ、自分の車のような感覚でタクシーに乗せるのは当然マナー違反。犬がキャリーの中で大声で吠えていたり、臭いが酷かったりする場合は乗車拒否されても致し方ない。

そもそも、タクシーは次のお客さんを乗車させることができないと商売が成り立たなくなってしまう。

犬の乗車ルールが厳しくならないためにも、しっかり配慮していきたい。

 

 

まとめ

タクシー

犬をタクシーに乗せる場合は、周囲に対する思いやりの気持ちを忘れずにいたい。

時間的余裕があれば、乗車前にタクシー会社や運転手に事前確認し、汚れや騒音などの苦情対象にはしっかりと準備をしておきたいところ。

最低限のマナーはおさえて、犬を飼わない人も飼う人も気持ちよくタクシーを利用できるようにしたいものだ。

 

こちらの記事もCheck! 犬と一緒にバスに乗れる?まずはおさえておきたい!犬をバスに持ち込む方法

 

 

にほんブログ村 犬ブログ プードルへ
にほんブログ村