犬はエリンギを食べても大丈夫?低カロリーでも大満足!その栄養と効能

エリンギ

コリコリとした食感が美味しい「エリンギ」。

エリンギは、もともと日本には自生していなかったキノコなので、海外から菌を持ち込み、日本で品種改良されたものを使っている。つまり、通常出回っているのは天然物ではなく栽培物であるのだ。

日本では1990年代から育てられ始めたという比較的新顔のエリンギ。噛んだ時のコリコリとした食感があわびに似ていることから、「アワビタケ」と呼ばれることもある。

日本の食卓に登場してから20数年、その独特の食感が人気となり、今やスーパーでは定番のキノコとしても並んでいるほどだ。

 

そんなエリンギ、犬も基本的には食べれると聞くのだが、一体どのような栄養が含まれているのだろうか?

今回はエリンギにスポットをあて栄養と効能、与え方のポイントなどを紹介していく。

 

エリンギは犬にとっても栄養満点な食材なのだ!

エリンギ

意外にもエリンギに含まれる主な栄養素は、他のキノコ類と比べてみても上位に入る優等生だ。

 

エリンギに含まれる主な栄養素は次の通り。

ちなみに、エリンギ、えのき茸、ぶなしめじ、椎茸、舞茸、なめこ、マッシュルームという身近なキノコ7種類のランキングでも示してみた。

カリウム340mg3位
アスパラギン酸180mg2位
ビタミンB20.22mg3位
ナイアシン6.1mg3位
ビタミンB60.14mg2位
ビタミンD1.2 µg2位
食物繊維3.4g5位

(※生エリンギ100gあたりの主な栄養素)

ちなみに、エリンギ100gあたりのカロリーは19kcal、糖質は2.6gというヘルシーぶり。

エリンギは低カロリーながらも低糖質、おまけに多彩なビタミン、アミノ酸を含んだ優秀食材なのだ!

 

エリンギに含まれる犬に役立つ栄養と効能

エリンギ

カリウム

カリウムは、体に含まれている余計な塩分(ナトリウム)を排出する効果があることから、利尿作用血圧を下げる働きに期待ができる。

 

アスパラギン酸

アスパラギン酸はアミノ酸の一種。体内のタンパク質の合成をサポートする働きや、代謝を活発にし疲労回復を助ける効果が期待できる。

 

ビタミンB2 (リボフラビン)

糖質、脂質、タンパク質を分解する酵素のサポート役として働く。

別名「発育のビタミン」とも言われ、発育促進に重要な役割を果たしてくれる。ほかにも、皮膚、被毛、爪などの細胞を作るためにも必要と言われている。

 

ナイアシン

ナイアシンはビタミンB3とも呼ばれ、基本的には肉や魚に多く含まれている成分。
 
糖質、脂質、タンパク質の代謝に欠かせない。循環系、消化器系、神経系などの働きをサポートしてくれる。
 
 
 

ビタミンB6

「ピリドキシン」とも呼ばれる水溶性ビタミンの一つ。

ビタミンB6はタンパク質をアミノ酸に作り変える働きがあり、効率よく体内へ取り込むには欠かすことのできないビタミンと言われている。

また、ビタミンB6を活性化するには、ビタミンB2の摂取も必要になってくる。エリンギのようにビタミンB2も持ち合わせた食材は、まさに効率のいい食材と言えるだろう。

 

ビタミンD

食べ物以外にも日光を浴びることにより、体内でもある程度は作ることが可能なビタミン。しかし、犬は被毛があるため人間に比べて作られる量は少ないという。

ビタミンDは、骨や歯の健康には欠かせない、カルシウムやリンの吸収をサポートし、血中カルシウムの濃度をコントロールする働きがあると考えられている。

犬は人間よりも必要量が多いと言われているので、不足しないよう摂取したい。

 

食物繊維
 

エリンギに含まれる食物繊維の割合は、100gあたり不溶性3.2g、水溶性0.2gと不溶性食物繊維を圧倒的に含む。便質の改善や便通を促す働きに期待ができる。

 

与える前におさえておきたい3つのポイント

エリンギ

犬に与える際は「生」はダメ!食中毒の恐れも

エリンギをはじめとしたきのこ類のほとんどは加熱調理が必要である。

「スーパーで買ってきたから安心」と思ってしまいがちだが、きのこ類は生で食べると食中毒になってしまう危険性があるのは知っておこう。

また、エリンギや舞茸には、「シアン」という毒物が微量ながら含まれている。通常は微量であるため摂取後は体内で分解されるが、生食や加熱が不十分のエリンギをたくさん食べると、分解しきれず中毒を起こすと言われている。

レシピサイトなどで、生のエリンギを使ったレシピを見かけることもあるが生食は避けるのが無難だろう。愛犬に与える分だけではなく、飼い主さんが食べる分もしっかり加熱するようにしよう。

 

エリンギの保存期間はどのくらい?

エリンギキノコ類は野菜と同じ青果物扱いのため「賞味期限(消費期限)」というものは存在しないが、一般的にはエリンギは冷蔵保存で5~7日程度が目安と言われている。

キノコ類は意外に傷みが早く、エリンギも買ってきて常温のまま放置しておくと、3~4日で軸の部分のハリが失われ、風味や食感も落ちてくる。

そのため、軸の部分が黄色く変色したり、変な匂いがする場合。また、水っぽく触って柔らかい場合など、異変を感じたら食べずに処分するのが正解だ。

 

エリンギは食物繊維が豊富

エリンギきのこ類といえば食物繊維が豊富に含まれているが、エリンギも例外ではない。

エリンギの食物繊維は100gあたり3.4gと豊富に含まれているので、与え過ぎは消化不良を起こす場合もあることは覚えておこう。せっかく愛犬に与えるのだから、消化不良で下痢や嘔吐になっては元も子もない。

与える際は、犬が消化しやすいよう細かく刻んでから調理して与えよう。

 

番外:野生のきのこには近寄らせないようにしよう!

毒キノコ

一般的にキノコの種類は6万種を超えると言われており、その中で食用になるのは、およそ200種類なのだとか。

みなさんも、公園や道端に自生する『野生のきのこ』を見かけることはないだろうか?

毎年、秋になるときのこによる食中毒のニュースを見るが、野生のきのこは、生育時期、場所などで形態が異なり、毒きのこ食用きのこかを見分けることは大変難しいとされている。

中には、独特の臭いがある「きのこ」もあるので、犬が間違えて食べないよう、野生きのこには近寄らせないよう要注意だ。

 

さいごに

エリンギ

季節や地域を問わず、年間を通してリーズナブルに購入できる「エリンギ」。

そのクセがなく弾力のある食感は、どんなジャンルの料理にも合わせやすいため、愛犬のためにも常に冷蔵庫にストックしておきたい食材だ。

食物繊維、ビタミン類、アミノ酸も豊富で、日々の健康をサポートしてくれるにもぴったりの食材。与え方・保存方法を守って、愛犬と美味しくエリンギを食べよう。

 

この記事もCheck! 犬はきくらげを食べても大丈夫?ビタミンDが豊富!きくらげの栄養と効能

 

にほんブログ村 犬ブログ プードルへ
にほんブログ村