犬に牛乳を与えても大丈夫?必ず知っておくべきリスクとは?

犬に牛乳牛乳といえば、小・中学校の給食を思い出しますよね。

飲んでる友達を笑わせてみたり、我慢して飲んでお腹が痛くなったり、暑い日に飲んだぬるい牛乳など…。牛乳といえば子どもの頃の楽しい(?)思い出がたくさん詰まっています。

 

「牛乳は身体に良いから飲みましょう!」と昔からよく言われてきました。確かに栄養価をみれば、カルシウムやたんぱく質を手軽に且つ効率よく摂取できます。

ですが、犬にとってはどうなのでしょうか?

 

というわけで、今回は「犬に牛乳を与えても良いのか?」について解説していきます。

それでは早速見ていきましょう!

 

そもそも犬に牛乳を与えてもいいの?

犬に牛乳

牛乳には犬にとって毒性がある成分は含まれていません。

「犬にとって害がないなら与えても大丈夫では?」と思いますが、犬には牛乳に含まれる「乳糖」という成分を分解するための消化酵素が少ないため、牛乳の成分が合わずに下痢をすることがあります。

 

これは人間も同じで、牛乳を飲むとお腹が痛くなる体質の方は、乳糖の分解に必要な酵素が欠損しているからなのです。

しかしその反面、実際に犬に牛乳を与えても下痢をしない話も聞きますし、「牛乳を与えて下痢をしないようであれば、与えても良い」とも言われています。

つまり、その犬の体質によって下痢をする体質下痢をしない体質がある、ということになります。

 

とはいえ、多くの犬が乳糖を分解するための消化酵素が少ないと言われていますので、特に初めて牛乳を与える場合は無理に与える必要はありません。

 

犬が牛乳を飲むと下痢をしやすいのはなぜ?

犬に牛乳

牛乳を飲むとお腹がゴロゴロしてしまう方も多いのではないでしょうか?

その原因は、牛乳に含まれる乳糖(別名:ラクトース)という成分を分解するための消化酵素「ラクターゼ」の数が少ないと、消化不良を起こして下痢をしてしまうからなのです。

 

ラクターゼが少なく乳糖をうまく分解できないような体質を「乳糖不耐症」と言いますが、そもそも乳糖不耐症は、哺乳類であれば正常なことなんです。

 

仔犬時期には母乳の分解に必要なラクターゼが存在していますが、成犬になるにつれて次第にその数は減少していきます。

 

牛乳は小腸でラクターゼによって分解され吸収される仕組みですが、小腸内でラクターゼが働かないと大腸にまで行ってしまい、大腸内の腸内細菌たちにより発酵が行われ、結果、消化不良や下痢になってしまうのです。

 

ホットミルクなら大丈夫!?

犬に牛乳

そもそも、冷たい物を犬に与えたら、乳糖不耐症でなくとも下痢の原因になってしまいます。(;´・ω・)

なので、牛乳を温めるというのは、お腹に優しい状態になると思います。

 

しかし、牛乳を加熱したところで、乳糖が分解されている状態にはなっていません。

加熱した方が飲みやすいかもしれませんが、ある意味、結果は同じです。(;´Д`)

 

どうしても「愛犬に牛乳を与えたい!」と言う人は、「おなかにやさしい」などのキャッチフレーズで販売されている、乳糖がカットされた牛乳がスーパーやコンビニに売られていますので、それを少量与えるのも良いのかもしれません。

また、乳糖を分解した犬用の牛乳もありますので、そちらを与えてみるのも良いでしょう。

 

他にも知っておきたい2つのポイント

犬に牛乳

牛乳(乳製品)によるアレルギー

犬に牛乳を与えてアレルギー反応が出ると、皮膚の痒み、湿疹など、さまざまな症状が現れる場合があります。

たとえ牛乳を飲んだとしても、アレルギー症状が出ている場合は与えてはいけません。動物病院で適切に処置してもらうようにしましょう。

 

牛乳はカロリーが高い

牛乳は栄養価も高いですが、カロリーも高いので与える量には注意が必要です。

スーパーでよく販売されている主な種類と、100mlあたりのカロリーを見てみますと、
  • 牛乳:65~70Kcal
  • 成分調整牛乳:47~53Kcal
  • 低脂肪牛乳:43~50Kcal
  • 無脂肪牛乳:33~45Kcal

もし、普段から水分補給に牛乳を与える習慣がついてしまうと、知らずの内に肥満の原因にも繋がってしまいます。

 

さいごに

犬に牛乳

皆さんは「乳牛」と言えば、広大な牧草地帯でのびのびと生活しているのを想像するかと思います。

ところが日本の酪農では、せまい牛舎に閉じ込められ放牧はほとんど行われていません。
(※もちろん中には素晴らしい理念をもって、ちゃんとやられてる酪農家さんもいます!)

 

そのような牛は、運動不足やストレスが溜まって病気になりやすくなります。そのため病気にならないようにワクチンや抗生物質が投与されます。

また、牛のエサについても牛乳を大量生産するには、乳牛をたくさん飼育する必要があります。

そのためエサのコストダウンも当然ですが、生産性の高い輸入飼料にも頼らざるを得ない状況です。早い話、「遺伝子組み換え作物」というやつです。

 

当然、牛乳には乳牛が食べた物がダイレクトに影響してきます。

こうして考えると、無理にリスクの高い牛乳を与えるよりも、山羊ミルクのほうが安心かもしれません。

山羊ミルクは犬の母乳に近い栄養で吸収されやすく、基本的に下痢を起こしにくいので愛犬に与えても大丈夫です。

↓少し値段が高いですが、気になる方は一度試してみるのもオススメです。

青瀛堂(せいえいどう) 犬 猫 ペット用ヤギミルク(100g) ラクトフェリン 乳酸菌配合 保存料着色料不使用 計量スプーン付

新品価格
¥1,280から
(2018/12/16 12:03時点)

 

 

こちらの記事もCheck! 犬にヨーグルトを与えても大丈夫?【与える前に必ず知っておきたいこと】

 

にほんブログ村 犬ブログ プードルへ
にほんブログ村