犬にヨーグルトを与えても大丈夫?【与える前に必ず知っておきたいこと】

犬にヨーグルト善玉菌を増やし腸内環境を整えるヨーグルト。毎日の健康づくりのために食している人も多いのではないでしょうか。

ヨーグルトは豊富な乳酸菌を含んでいるほか、たんぱく質やカルシウム・ミネラル・脂質・ビタミン類など、原料となる牛乳の栄養素がすべて含まれています。

しかも、ヨーグルトは発酵という工程を経ているので、牛乳よりも優れた栄養成分になるのが特徴です。

 

そんなヨーグルト、実は犬にとっても健康食品であることはご存知でしょうか?

私たち人間と同じく、犬の腸にも善玉菌や悪玉菌が存在しています。
腸内で善玉菌の量が増えれば、免疫力の向上や感染症に対する抵抗力が上がるとも言われています。

「乳製品は犬に与えてはいけない」と、よく耳にしますが実際のところはどうなのでしょう?

 

ということで、今回は犬とヨーグルトについてのお話です。

それでは早速見ていきましょう。

 

犬にヨーグルトを与えても大丈夫!

犬にヨーグルト結論からお伝えしますと、犬にヨーグルトを与えても問題はありません。

人間の食べ物を犬に与えないのは基本だと言われていますが、ヨーグルトに関していえば犬にとっても嬉しい効果はたくさんあります!

では、どのような効果があるのか、実際に見ていきましょう!

 

ヨーグルトが犬にもたらす効果とは?

犬にヨーグルト腸内環境を整えてくれる

腸内には善玉菌と悪玉菌がいるのは皆さんもご存知だろう。
ヨーグルトの中に含まれる乳酸菌は、犬の腸内の善玉菌を助けて悪玉菌の増殖を抑えてくれます
その結果、腸内環境を整えて下痢や便秘の改善、ウンチの臭いを抑えてくれる、などの効果が期待できます。

 

免疫力の向上

乳酸菌の働きにより腸内の善玉菌が増えて腸内環境が整うと、免疫力が高まり感染症などの抵抗力がUPすると言われています。

 

消化を助けてくれる

ヨーグルトは発酵食品なので、たくさんの酵素が含まれています。そしてこの酵素には消化を助ける働きもあります。
酵素が不足していれば消化不良を起こしやすくなるのに加え、消化に時間がかかり、胃の負担に繋がってしまうこともあります。

 

カルシウムは乳酸菌と一緒の摂るのがベスト

ヨーグルトには乳酸菌だけではありません。犬の健康には欠かせないタンパク質やカルシウムをはじめ、カリウム、ビタミンA、B1、B2、Dなどが豊富に含まれています。

特にカルシウムは乳酸菌と一緒に取ることで、より効率的に体内に吸収されやすくなります。

 

乳酸菌の働きで口臭予防になる

乳酸菌の効果で腸内環境が整ってくると、腸の中の悪玉菌が減って臭いの元となる有害物質が作られにくくなり、口臭の改善に期待できます。

 

牛乳よりもヨーグルトのほうがいいの?

犬にヨーグルト「犬に牛乳を与えないほうが良い」と、皆さん一度は聞いたことはないだろうか?

栄養成分を比較しても、無糖のプレーンヨーグルトのように、牛乳に乳酸菌や酵母を加えて発酵させたものは、カルシウム、タンパク質、脂質など、その栄養や成分にほとんど大差はありません。

それならば…なぜ牛乳が?と思う方もいるでしょう。

 

その一番の理由は、乳製品の多くには「乳糖」が含まれており、犬は乳糖を分解する消化酵素が少ないため、与えると下痢をしてしまう場合があるからなのです。

牛乳を飲むと「お腹がゴロゴロして下痢をしてしまう」なんてありませんか?これは犬にとっても同じなんですね、むしろ仔犬の頃よりも成長とともにこの酵素が少なくなると言われています。

一方、ヨーグルトはどうなのか?

牛乳とヨーグルトに含まれる「乳糖」の含有量を見てみますと、牛乳100gあたり乳糖4.4gに対し、ヨーグルトは100gあたり乳糖2.9と比較的に乳糖が少ないのが分かります。

これは、ヨーグルトは発酵していく中で、乳酸菌が乳糖の一部を分解してくれるからなんです。

しかし、ヨーグルトに含まれる乳糖は牛乳と比較して少ないものの、完全に分解されているわけではありません。与え過ぎは下痢をする可能性が高くなるので注意が必要です。

 

与えるならどのタイプのヨーグルト?

犬にヨーグルトスーパーやコンビニで販売されているヨーグルトの種類が年々増えています。しかし、種類が増えれば増えるほど、何を選んで良いのか迷ってしまうところ。

ですが、犬に与えるヨーグルトは基本「無糖タイプ」のものを選んで与えるようにしましょう。

体重が気になる犬には低脂肪・無脂肪のものを選んであげるのも良いですね。

また、ひとくちに乳酸菌と言っても、その種類は多く存在しますので同じヨーグルトばかりではなく違うタイプを与えてみるのも良いかもしれません♪

 

まとめ

犬にヨーグルトいかがでしたでしょうか?

今回のまとめとしましては、

  • ヨーグルトの中に含まれる乳酸菌は、犬の腸内の善玉菌を助けて悪玉菌の増殖を抑えてくれる
  • 犬は乳糖を分解する酵素が少ないため、与え過ぎは下痢を引き起こす原因になることを知っておく。
  • 乳酸菌の働きにより免疫力が高まり感染症などの抵抗力がUPする。
  • 乳酸菌以外にも、タンパク質、カルシウム、カリウム、ビタミンA、B1、B2、Dなどが豊富。
  • カルシウムは乳酸菌と一緒に取ることにで、より効率的に体内に吸収されやすい
  • 犬に与えるヨーグルトは「無糖タイプ」を選んで与える。

 

など、特に乳酸菌がもたらす効果は犬にとっても嬉しいものであることが分かりました。

乳酸菌が力を発揮するには、少なくても一週間は同じ銘柄を食べ続ける必要があると言われています。

愛犬と一緒にヨーグルトを食べて、病気を防ぐ健康な体を作りましょう!

 

こちらの記事もCheck! 犬にチーズを与えても大丈夫?与える前に知っておきたい事

 

にほんブログ村 犬ブログ プードルへ
にほんブログ村