犬がトマトを食べても大丈夫なの?毒があるって聞いたけど、どの部分?

犬がトマトを食べても大丈夫トマトといえば、さわやかな酸味とみずみずしい果肉が特徴ですよね。

その鮮やかな赤色は美しく、サラダやパスタなどさまざまな料理に欠かせない食材です。

 

また、トマトの赤い色素成分には「リコピン」という強い抗酸化力を持っていますので、老化や生活習慣病の原因となる「活性酸素」を除去する働きがあります。

 

そんなトマトは人間とって嬉しい成分が含まれています。
ですが、犬にとってはどうなんでしょうか?そもそも食べてもいいのか?

 

今回はトマトについてお話していきます。それでは早速見ていきましょう!

 

 

トマトは犬に与えても大丈夫?

犬がトマトを食べても大丈夫赤く完熟したトマトには、ビタミンCやカリウムなど犬の健康維持に必要な栄養素が含まれています。

そのため、赤く熟したトマトであれば、犬に与えても問題はありません。

しかし、青い未成熟トマトには「トマチン」という有害な成分が含まれているので与えないようにしましょう。

 

トマトの栄養と効能

犬がトマトを食べても大丈夫文部科学省の「食品データベース」によると、トマトの可食部100gあたり、水分は94gと、トマトのほとんどが水分で出来ています。

そのため、暑い日の熱中症対策にトマトで水分補給してあげるのも良いでしょう。とはいえ、水分量が多いので与えすぎは下痢の原因になってしまう場合がありますので注意が必要です。

また、トマトにはリコピンをはじめ、ビタミンCやカリウムなど犬の健康には必要なビタミンやミネラルが含まれています。

 

リコピン

体の老化を進める活性酸素を抑える働きがあり、老化防止を助ける働きがあります。
他にも、ガン予防や肥満予防にも期待ができます。

また、トマトのリコピンは脂溶性(水に溶けにくく、油に溶けやすい)ですので、生よりも油と一緒に摂取した方が吸収性が高まると考えられています。ひと手間加えて手作りメニューなどに取り入れるのもおススメです。

 

ビタミンC

犬は体内でビタミンCを合成できますが、だからといって摂取しなくてもいいわけではありません。
年齢と共にその能力は低下していきますので長期的に摂取したい栄養素の一つです。

ビタミンCの主な働きは免疫力アップ、白血球の機能強化、腸内環境を整えるなどの役割があります。

 

カリウム

カリウムは、体に含まれている余計な塩分(ナトリウム)を排出する効果があることから、利尿作用や血圧を下げる働きがあります。

 

与えてはいけない部分を知っておきましょう!

犬がトマトを食べても大丈夫トマトといえば「赤く熟したもの」を皆さん食べていると思います。

では、熟す前の緑色の未成熟なトマトって、食べたことはありますか?
実際に私が食べた感想としては、硬くて渋みがあり、後味に違和感が残ったのが印象的でした。

 

ハッキリ言って美味しくありません!!(;´Д`)

 

この緑色の未成熟トマト、実は「トマチン」という天然毒素が多く含まれているのをご存知ですか?

 

トマチンは、ジャガイモの芽や青い皮の部分に含まれる「ソラニン」と似たアルカロイドという成分で、多量に摂取すると嘔吐や下痢などの中毒症状を引き起こす場合があります。

近年、トマチンは昆虫の嫌いな成分であることがわかり、虫に食べられないようにトマチンを合成しているのだと言われています。そのため、花や葉、ヘタ、茎、未成熟部分には多く含まれています。

ちなみに、赤く熟したトマトにも微量ながらトマチンが含まれてはいますが、日常で与える範囲でしたら特に問題はありません。

 

美味しいトマトの見分け方

犬がトマトを食べても大丈夫せっかく食べるのですから、美味しいものを選びたいですよね。

美味しいトマトの見分け方としては、

  • ヘタや額がピンとしているものは鮮度がいい。(しおれたり枯れたりしていないもの)
  • 赤みとツヤがあり、張りがしっかりしているものは甘みが強い傾向にある。
  • お尻のほうからヘタに向かって、白い線がのびているもの。
    (スターマークなんても呼ばれています。この線が大きいほど甘みがある、なしのものは酸味が強めの可能性が高いです。)
  • 重みのあるトマトは実が詰まっている。

などが、あります。

 

また、白い斑点や傷がないものも選ぶのもポイントです。白い斑点があると、水っぽかったり、味が薄れている場合が多いです。

とはいえ実際に、スーパーで陳列されているトマトから、この条件をすべて満たすトマトを選ぶのは至難の業ですので、ヘタの部分で鮮度チェックされるのも良いかと思います。

 

まとめ

犬がトマトを食べても大丈夫いかがでしたでしょうか。

今回のまとめとしては、

  • 犬にトマトを与えても大丈夫ですが、赤く熟した果肉を与えること。
  • 青い部分やヘタなどにはトマチンという天然毒素が多く含まれているので与えない。
  • 水分量が多いので与える量には注意が必要。
  • トマトに含まれるリコピンには老化防止を助ける働きがある。

ということで、トマトは人にとっても、犬にとっても嬉しい野菜なんですね。

トマトは人によって好き嫌いの好みがあります。それは犬にとっても当てはまることですので、食べるのを嫌がるようであれば無理に与える必要はありません。

今やリコピンを含んだドックフードやサプリメントがありますので、そちらを試してみるのもいいかもしれませんね。

 

こちらの記事もCheck! 犬がアボカドを食べてはいけない理由とは?【その危険なリスクについて】

 

にほんブログ村 犬ブログ プードルへ
にほんブログ村