小型犬の餌の量や1日に与える回数はどれくらいなの?

小型犬の餌の量や1日に与える回数小型犬といえば、ぬいぐるみのようなかわいらしさが特徴ですよね。

そして小柄な体系の割には小さくて元気なわんちゃんが多く見られます。人間とはまた違う可愛さを持っている犬。

しかし、いざ飼ってみると餌の量が気になってしまう方も多いのではないでしょうか?

餌を残してしまい与えすぎなのか悩んでしまったり、逆にペロリと完食してしまって少ないかな?と感じたり…

小型犬を飼育している飼い主さんの悩みの一つでもありますよね。

そこで今回は、小型犬の餌の量について大切なことをご紹介していきます。

 

小型犬のドックフードの量はどのくらいがいいの?

小型犬の餌の量や1日に与える回数小型犬に与えるドッグフードの目安として、ドッグフードのパッケージ裏に「給与量表」の解説がある場合が多いです。

しかしそれは、標準的な犬のサイズを目安にしたものですので、実際に与える際には「愛犬の適正体重」を知ることが大切です。

例えば、太り気味の犬の場合、今の体重を基準にすれば、太ったままの体を維持することになってしまいますので、適正体重を基準にして与えます。

愛犬の適正体重がわからない場合は、動物病院で見てもらうとよいでしょう。

肥満や痩せすぎの場合にはエネルギー要求量も変化しますので、愛犬に合わせて量を調節していく必要があります。心配であれば、かかりつけの獣医師さんに相談して餌の量を決めるのも一つの方法です。

 

また、パッケージ裏に記載されている「給与量表」は1日分の給与量であり1回分の量ではないことも知っておきたいですね。

成犬の場合、1日の食事の回数が2回だとすると、1日分の給与量を2回分に分けて与えるようになります。

 

ドックフードの種類によって与える量が変わります!

小型犬の餌の量や1日に与える回数我が家では犬を飼い始めた時から、しばらく気にもしていなかったのですが、ドッグフードの銘柄によって与える餌の量が異なります。(;´・ω・)

 

「ドックフードであればどの種類も与える量は同じじゃないの?」と思ってしまいがちですが、ドックフードの銘柄によって含まれている栄養価やカロリーがかなり違いますので、まずはパッケージ裏面の「給与量表」を参考にして与えるようにしましょう。

 

また、パッケージでよく目にするのは「総合栄養食」と表記されているのもあります。
これは、ドックフードだけで必要な栄養を満たせますよ、という意味です。

愛犬の成長段階に合わせて、健康を維持できるようなバランスのとれた製品を選ぶと良いでしょう。

 

小型犬には一日に何回与えるのがベスト?

小型犬の餌の量や1日に与える回数1日に与える餌の回数は年齢によって変わってきます。

その与える回数については様々な意見がありますが、一般的な目安としては以下の通りです。

 

子犬期
生後1年までは、消化器官も未発達なため、一度に大量にご飯を食べることはできません。
6か月経つまでは、1日に食べる量を3~4回に分けて与えるようにしましょう。

6か月を経過する頃には、消化器官も発達してきますので、1日の食事回数を2~3回に減らしていきます。

また、生後8~10ヶ月くらいには、体の大きさもみるみるうちに成長します。

身体としては、ほとんど成犬と同じくらいですので、このころから徐々に成犬用のフードに切り替える準備をしていきます。

成犬期
消化器官は十分に発達するとはいえ、小型犬ですので胃や腸などの消化器官も小さいです。1回の食事量もたくさんは食べられないことを知っておきましょう。

1日に与える回数としては2食とするのが一般的で、与える時間は朝と夕方から夜にかけてが理想的です。

たった2食では少ないのでは?と思うかもしれませんが、インスリン(血糖を下げる働きのあるホルモン)が膵臓への負担を減らします。また、消化器官を休ませてあげる理由もあると言われています。

そのため、少ない食事回数でも必要な栄養を確保するために、消化がよく吸収性に優れたドックフードを選んであげたいですね。

 


高齢期
小型犬の場合は、11歳のときに人間でいうと60歳くらいになると言われています。

老化が進むと消化器官や代謝量が低下して、体を維持するのに必要なカロリーや運動量、睡眠などが自然と変わってきます。

この頃から食事の好みが変わったり、一度に食べる量が減ってきますので、栄養バランスを見ながら1日に与える量を3回~4回に分けて与えるようにしましょう。そうすることによって消化や吸収を助けることができます。

また、食が細くなった愛犬には、餌を温めたり、ふやかすことによって『匂い』が強くなりますので、食いつきがよくなる場合もあります。

ドックフードを食べない原因はなんだろう?

小型犬の餌の量や1日に与える回数小型犬が思ったようにドックフードを食べてくれないと、飼い主さんとしては心配になりますよね。
「何かあったかな?」「体調が悪いのかな?」と、理由を考えると思います。

では、ドックフードを食べない原因は何か。考えられる原因としては

  • ドックフードが合わないケース。
  • 病気の可能性があって食べたくても食べれない。
  • おやつの与えすぎによってドックフードを食べない、残してしまう。
  • 高齢による体調の変化によるもの。

が、考えられます。

 

また、人間が食べているものを犬は欲しがったりします。あまりにも贅沢を覚えてしまうとドックフードを食べなくなってしまうことも考えられます。

せっかく愛犬の年齢や体調に合わせてドックフードを選ぶのですから、人間が食べているものを与えすぎて栄養バランスが偏ったりしないように気を配ってあげたいですね。

 

まとめ

小型犬の餌の量や1日に与える回数いかがでしたでしょうか?小型犬の餌の量について大切なことをご紹介してきました。

人間もそうですが、健康のための理想の食事量は年齢や性別によって人それぞれです。それは愛犬にも同様のことが言えるのではないでしょうか。

愛犬の餌の量をしっかり把握して「毎回愛犬が喜んで餌を食べてくれる」そんな食生活を目指していきたいですね。

 

こちらの記事もCheck! 犬が寝る場所を頻繁に変えるのはなぜ?眠れないの?実は○○が苦手だった!

 

にほんブログ村 犬ブログ プードルへ
にほんブログ村