なぜ犬はじっと人を見つめるの?【4つの理由】

犬が見つめる
Pocket

犬が見つめる

犬を飼い始めたときは、あまり気になりませんでしたが、最近じーっと見つめられることが多いのに気付いた、今日この頃。

思わずどうしたの?って声をかけたくなる時もあれば、なにか悪さでもしたのかな?って思うときもあったりと、愛犬がじっと見つめてくる。みなさんもそんな体験ありませんか?

犬は人間の言葉を話すことはできないので、視線でコミュニケーションをとろうとします。

 

そこで、犬が飼い主をじっと見つめる理由を4つほど、私の体験談もふまえて、ご紹介したいと思います。

 

 

愛情・信頼があって見つめる

犬が見つめる

愛犬との信頼関係が深ければ深いほど、自然と愛情たっぷりの視線が送られてきます。

愛犬と目があったとき、優しく話かけたり、にっこり笑うと、シッポを降ったりしていませんか?

話していることが分かるのかな?って思うくらい。それは、飼い主さんが大好きである証拠です。

忙しい時、愛犬の視線を無視したりすると、寂しそうに去っていきます。でも、心が痛んですぐさま話かけると、喜んで戻ってきます。シッポが取れそう!Σ(゚Д゚)ってくらいフリフリして。(笑)

 

それ以降はどんなに忙しくても、絶対に無視しないようにしています。
ニコッと笑って、少しでも話かけてあげるといいですね。

 

行動に興味があるから、じーっと見る

犬が見つめる

愛犬は飼い主さんの行動をよく観察しています。

お散歩に行く準備をしていると犬はもう嬉しくて大騒ぎ、なんて経験ありませんか?

立ち上がったりすると、愛犬はあなたの行動をずっと観察してます。「もう気になってしょうがない!」ってくらいに見ています。

 

お散歩も毎日していると、お散歩用のバックをいじるだけで分かってきたり、「さんぽ」という言葉を聞いただけで、行く気満々になったり。(笑)

犬は次にどんな行動にでるのか学習して、予測ができているのかもしれませんね。

私の場合ですと、仕事と休みの日の服装が違うので、休みの日は朝から大はしゃぎです(笑)きっと、「今日はどこかに遊びに行くのかな?」って思って嬉しいんだと思います。

要求があるから、じっと見つめる

犬が見つめる遊んでほしい、おやつが欲しい、そんな要求がある場合に多いです。

食事をしてる時など、そばに寄ってきてオスワリしちゃって、じっと見つめてくることはありませんでしたか?そのまま無視してると、前足でガリガリして一生懸命気を引こうとしてる、反応するとまたオスワリしてからの見つめる攻撃。

それでも無視してたら、少し離れた場所であっち向いちゃいましたけど…(-_-;)

 

前に一度食べたことがあるものは分かってるんですね。それで、またもらえると思いおねだりしてくる。

あんまりにも可愛いんで、ついあげたくなってしまいますよね。

 

こんな風に、飼い主さんにして欲しいことがあると、じっと見つめたりします。

 

敵意があるので見つめる

犬が見つめる

歯をむき出しにして、低い声で「ウー!」って唸ってる場合ですね。

犬って本来は「目を合わせない」行動で相手に敵意がないことを表現してるんですね。

それが目を合わせたまま、歯をむき出しに唸っていたら、もうバッチリ敵意がある証拠です。

 

よく初めて会う犬とかそうなんですけど、あまりじっと見つめたりしないほうが無難です。

 

ウチでは、トイレ以外の場所でオシッコしちゃって、怒ったら「ウー!」ってなりました。(-_-;)

まとめ

犬が見つめるいかがでしたでしょうか?

犬がじっと見つめるには、それぞれ理由があるんですね。

ただ、要求に感しては、おねだりされても、可愛い瞳でも、必要以上に甘やかさないようにすることも大切かと思います。(;´・ω・)

 

犬は人間の言葉を話さなくても、アイコンタクトで私たちとコミュニケーションをとろうとしてます。

愛犬に可愛い瞳で見つめられた時は、どんな気持ちかぜひ読み取ってあげてください。

 

こちらの記事もCheck! 【保護犬の里親になりました!】夫と私で迎えた初めての犬、Musahi

 

にほんブログ村 犬ブログ プードルへ
にほんブログ村