子犬を迎えた日からパピー食選びまで【子犬初心者向け】

子犬食犬は生後20~40日くらいまでの間、母親の母乳のみで育ちます。

母親が母乳を与えたがらなくなるのは、子犬に「歯」が生え始めてから。

この時期の成長スピードは、犬種によっても個体によっても差がありますが、徐々に離乳食に変わっていきます。

ここでは、離乳食を始める時期と基本的なフード選びについて解説していきます。

 

 

離乳食を始める時期

犬 離乳食

離乳食を始める時期は、子犬に歯が生え始める、母犬が授乳を嫌がる、子犬が親犬の食事に口を突っ込み始める、などが目安になります。

購入した子犬の場合は、基本的には離乳時期が過ぎてから家に来ることになります。

私はそんなことは知らずに、すぐ連れて帰れると思ってました(笑)

離乳食をあげる時間やワクチン接種があったりと…結局、お店のかたに少しの間、お世話してもらってから、お迎えしました。基本そうですよね…(*_*;

 

お家に迎えてから最初の1週間

犬 離乳食

お家に来たばかりの子犬は緊張ぎみです。環境が変わるだけでもストレスなので、食事は以前に何を与えてたのか聞いておいて、同じものを与えて様子をみます。

私はお店からの購入でしたが、店員さんが親切に教えてくれたのを今でも覚えています。

1週間分を小分けにして渡してくれたり、ありがたかったですね。

それと、お家に迎えた日から1週間くらいはビックリさせないようにしましょう。これもストレスの原因になるので注意したいところです。

家に慣れてきたら

子犬

子犬の成長状態がよく、皮膚や耳の中に異常がなく、体臭もない、便の状態も良ければ、このころから、ドックフード選びを始めていきます。ワクワクしますよね。

さて、お店に行くと、ズラッと並んだドックフード( ゚Д゚)いざ選ぶとなると種類は豊富だし値段もいろいろだし、どれにしていいか迷ってしまう。

私は飼っている犬と同じパッケージのものを選んでました(笑)シニア犬用とも知らず。。。

子犬の時期のドックフードは基本的にパピーを選びます。

市販のものはパッケージに、「子犬用」や「パピー」と書いてあるものがそうです。

一般的な分類として

  • 子犬用・・・子犬期(パッケージには、パピー又はジュニアの表示)
  • 成犬用・・・いわば大人の犬。
  • シニア用・・・高齢犬にあったフード

などに分けられます。

 

ではなぜ、それぞれの成長段階に分かれているのかご存知ですか?

それは、それぞれの成長段階にあった栄養素やカロリーを考えて作られているからなのです。

例えば、子犬用は成長期(骨格や筋肉の成長など)に必要なタンパク質が多く含まれています。

逆に成犬になってから子犬用を与えるとカロリー摂取過多になり肥満を誘発することもあるんです。

 

私たち人間と同じですね。(^^)

 

まとめ

犬 離乳食選び

母犬から引き離されて飼い主さんの元にやってくる子犬は、最初は不安でいっぱいだったハズです。

私の愛犬は段ボール箱に入れられて引き渡されました。車で家路に帰る途中も、「クンクウゥ~ン」っと、泣いていて、不安なんだろうな…と思うほど、今でも覚えてます。

お家に迎え入れて環境が変化する中で、「まずは慣れてもらう。」これがまず一番最初ですよね。

そのあと、子犬の状態をよく観察して、調子もよく、好んで食べてるものをよーく選んで、愛犬にあったフードを選んでいく。最初はみんな何がいいかなんて分かんないと思います。

自分の愛犬にあったフード選びをぜひ!楽しいですよ。(^^)v

こちらの記事もCheck! 【保護犬の里親になりました!】保護犬トライアルで家に連れて帰るの巻

 

にほんブログ村 犬ブログ プードルへ
にほんブログ村